• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

良否(りょうひ)/優劣(ゆうれつ)/是非(ぜひ)/理非(りひ)/善悪(ぜんあく)

  1. [共通する意味]
      ★適正であるか、適正でないか。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔良否〕
      ▽品質の良否を見分ける
      ▽性能の良否を問う
    • 〔優劣〕
      ▽成績の優劣をつける
      ▽技術の優劣を競う
    • 〔是非〕
      是非もない
      是非に及ばない
    • 〔理非〕
      理非曲直をただす
    • 〔善悪〕
      善悪の区別がつかない年ではない
  1. [使い分け]
    • 【1】「良否」は、良いか、良くないかということを表わす。この場合、発言者の主観がはたらくことが多い。
    • 【2】「優劣」は、優れていることと劣っていること。ほかの四語と違って、二つ以上のものを比較する場合にいう。
    • 【3】「是非」は、一般的、慣習的に、正しい、良い、と認められるか、認められないかということを表わす。
    • 【4】「良否」は、概念と具体物の両方に対し使用することができるのに対して、「是非」は、概念に対してだけしか使用することができない。
    • 【5】「理非」は、道理に合っていることと、そむいていること。
    • 【6】「善悪」は、良いことと悪いこと。具体物ではなく、抽象的概念に対して用いる。その区別は、道徳的判断をともなう。[英]good and bad
  1. [対比表]
    事の…を判断する品物の…を見分ける問題の…を論ずる物事の…をわきまえる
    良否
    優劣
    是非
    理非
    善悪
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

是非の類語

  • 確かにそして紛れもなく の意
  • 絶対に、または確かに の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi