• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

少し(すこし)/僅か(わずか)/少ない(すくない)

関連語
たった
  1. [共通する意味]
      ★数量、程度などが小さいさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔少し〕(副)
      ▽きのうより少し暑い
      少しは勉強したらどうだ
    • 〔僅か〕(副・形動)
      わずか十歳でデビューする
      わずかに記憶がある
    • 〔少ない〕(形)
      少ない時間を有効に使う
      ▽欠点が少なくない
  1. [使い分け]
    • 【1】「少し」は、「少し食べる」のように、用言に直接かかる使い方のほかに、「少しの暇をみて読書する」「少しはわかる」「少しでよければ」など、名詞的な使い方もある。
    • 【2】「僅か」は、数量、程度などが「少し」よりももっと小さい。また、「わずか二人で家を建てた」のように、一般に思われるより規模、年齢などが小さいことを強調していうときにも使う。
    • 【3】「少ない」は、数量についてだけ使う。「…は(が)少なくない」の形で、本来少ないと思われていたことがそうではなかったということに、驚き、意外、非難の意をこめていうこともある。
  1. [反対語]
      ▼少し・僅か⇔たくさん 少ない⇔多い
  1. [関連語]
    • (たった) (副)(下に数量を表わす語を伴って)ほんの。「たった三人」
  1. [対比表]
    …金額…右にそれた残り…人生それは…言い過ぎだ
    少し-の○  ○-の△
    僅か-な○-に○-な○
    少ない  ○-く-  ○
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

僅かの類語

  • 意味がないくらい小さい; 大したことがない の意
  • 無視できる
  • 可算名詞と共に使用できて、しばしば'a'によって先行されている数量詞; 少ないが、不明確な数 の意

少ないの類語

  • 数、量、大きさまたは範囲が制限された、あるいは平均以下の の意
  • 可算名詞と共に使用できて、しばしば'a'によって先行されている数量詞; 少ないが、不明確な数 の意
  • 量または程度が小さい; それほどない、ほとんどない、(冠詞の「a」の場合)ちょっとある の意
  • 量や程度においてそれほど大きくない量の意味 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi