• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

幾らか(いくらか)/幾分(いくぶん)/若干(じゃっかん)

関連語
無けなし(なけなし)
  1. [共通する意味]
      ★数量、程度が少しばかりあること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔幾らか〕(名・副)
      いくらか楽になった
    • 〔幾分〕(名・副)
      幾分涼しくなった
      ▽食糧の幾分かを分ける
    • 〔若干〕
      若干不自然だ
      若干名(=何人か)
  1. [使い分け]
    • 【1】「幾らか」は、程度と数量についていうが、「幾分」は、程度についてのみ使われ、数量を表わすときには「幾分か」の形をとる。
    • 【2】「若干」は、「幾らか」「幾分」にくらべて硬い言い方で、文章の中で使うことが多い。
  1. [関連語]
    • (無けなし) (名・形動)あるというのは名ばかりであること。「無けなしの金をとられる」
  1. [対比表]
    …日射しがのびた…の金を渡す…の相違が見られる…おみやげに買って帰る
    幾らか
    幾分
    若干
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

幾らかの類語

  • 少量または少しの期間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi