• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

新しい(あたらしい)/真新しい(まあたらしい)/最新(さいしん)/新た(あらた)/目新しい(めあたらしい)/斬新(ざんしん)

  1. [共通する意味]
      ★物事が初めて現れるさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔新しい〕(形)
      新しい年を迎える
      ▽この魚はまだ新しい
    • 〔真新しい〕(形)
      ▽仕立ておろしの真新しい着物
      ▽ぴかぴかの真新しい自動車
    • 〔最新〕
      ▽この雑誌はこの号が最新
      最新流行のファッション
      最新
    • 〔新た〕(形動)
      新たな門出
      新たに買い替える
    • 〔目新しい〕(形)
      目新しい色使いが人目を引く
      目新しい感覚のファッション
    • 〔斬新〕(形動)
      斬新なアイデア
      ▽彼の意見はなかなか斬新
  1. [使い分け]
    • 【1】「新しい」が、その事物が初めてであるか否かだけを問題としているのに対して、「新た」は、それ以前のものや事柄を踏まえ、念頭においた上で、それらとは相違しているさまを表わす。[英]new
    • 【2】「真新しい」は、「新しい」を強調していう。したがって、「少し真新しい」「かなり真新しい」などとは使えない。[英]brand-new
    • 【3】「最新」「目新しい」「斬新」は、抽象的な事柄について、今までになく初めてである意を表わす。「最新の車」「目新しい服」「斬新な車」のように、具体的な事物について使われていても、車や服それ自体ではなく、車の性能や服のデザインなどが今までになかったものである意を表わす。[英]up-to-date
    • 【4】「目新しい」は、初めて見る感じであるさま。[英]novel
  1. [反対語]
      ▼新しい⇔古い 最新⇔最古
  1. [対比表]
    …洋服…先生…情報…デザイン認識を…する
    新しい  ○  ○  ○  ○-く-
    真新しい  ○  -  △  --く-
    最新-の○-の--の○-の○-に-
    新た-な--な△-な○-な--に○
    目新しい  ○  -  -  ○-く-
    斬新-な○-な--な--な○-に-
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

新しいの類語

  • 知られていない の意
  • まだ使われないか、汚されない の意
  • (作物について)成長の初期の段階で収穫される; 完全に熟す前に の意
  • 最も流行の考えあるいは様式と合っている の意
  • 長い期間でない; たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと の意
  • (周期について)再び始まる、または起こる の意
  • 原初、またこれまでに見られない種類 の意
  • 使用または露出に影響を受けていない の意

真新しいの類語

  • 知られていない の意
  • 長い期間でない; たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと の意
  • 目立って新しい の意
  • 使用または露出に影響を受けていない の意

最新の類語

新たの類語

  • 知られていない の意
  • (作物について)成長の初期の段階で収穫される; 完全に熟す前に の意
  • 長い期間でない; たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと の意
  • (周期について)再び始まる、または起こる の意
  • 原初、またこれまでに見られない種類 の意
  • 使用または露出に影響を受けていない の意

目新しいの類語

  • 知られていない の意
  • 長い期間でない; たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと の意
  • 新しくて変わった何か、あるいは新しくて変わった何か生産的な; 最初に作られたあるいは考えられたように の意
  • 原初、またこれまでに見られない種類 の意

斬新の類語

  • 最も流行の考えあるいは様式と合っている の意
  • 長い期間でない; たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと の意
  • 新しくて変わった何か、あるいは新しくて変わった何か生産的な; 最初に作られたあるいは考えられたように の意
  • 原初、またこれまでに見られない種類 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi