• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

不思議(ふしぎ)/妙(みょう)/奇妙(きみょう)/奇怪(きかい)/奇異(きい)/怪奇(かいき)/怪異(かいい)

関連語
不可思議(ふかしぎ)
面妖(めんよう)
奇天烈(きてれつ)
摩訶不思議(まかふしぎ)
けったい
  1. [共通する意味]
      ★普通とは異なっていて、常識や理性では説明がつかないこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔不思議〕(名・形動)
    • 〔妙〕(名・形動)
    • 〔奇妙〕(形動)
    • 〔奇怪〕(名・形動)
    • 〔奇異〕(名・形動)
    • 〔怪奇〕(名・形動)
    • 〔怪異〕(名・形動)
  1. [使い分け]
    • 【1】「不思議」が、最も広く用いられ、自分の知識や理性で解釈できないことすべてにいう。単に普通と異なっていることから、自然現象まで広くいう。
    • 【2】「妙」と「奇妙」では、「奇妙」の方が、普通とは異なっている度合いが大きい場合に使う。
    • 【3】「奇怪」「奇異」「怪奇」「怪異」は、常識で考えられる範囲を甚だしく外れていて、説明がつかないばかりでなく、怪しい感じを持つ場合に使う。「奇怪」「奇異」よりも、「怪奇」「怪異」の方が、怪しい度合いが大きい場合に使う。
  1. [関連語]
    • (不可思議) (名・形動)「不思議」と同意。やや文章語的。「不可思議な現象」
    • (面妖) (名・形動)理解できなく怪しいこと。古風な言い方。「はて面妖な」
    • (奇天烈) (形動)非常に奇妙なこと。多く、「奇妙奇天烈」の形で用いて、「奇妙」を強調していう。「奇天烈な出来事」
    • (摩訶不思議) (名・形動)「摩訶」は、梵(ぼん)語で大の意。非常に不思議なこと。「摩訶不思議な術」
    • (けったい) (形動)奇妙なさま。関西で多く用いられる。「けったいな人」「けったいな出来事」
  1. [対比表]
    …な事件…な感じを受ける彼の占いは…に当たる…小説
    不思議
    奇妙
    奇怪
    奇異
    怪奇
    怪異
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

不思議の類語

  • 感覚または知性に明確でない意味を持つ; 普通の理解を越えて の意
  • 説明されるか、説明されることが不可能である の意
  • 不明瞭な性質の の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 奇跡の性格を持つ、またはその状態 の意
  • 理解するすべがなく説明できないもの の意
  • 神の超自然行為を示す驚くべき出来事 の意
  • 驚異の念を抱かせるもの の意

の類語

  • 容易に説明されない の意
  • 目立って、著しく型破りまたは普通でない の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 通常あるいは予想を越えて、から逸脱するさま の意
  • 普通であるものまたは標準を凌ぐさま の意
  • 予想通りではない の意
  • 非常によい; 最高品質の の意

奇妙の類語

  • 容易に説明されない の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 通常あるいは予想を越えて、から逸脱するさま の意

奇怪の類語

  • 目立って、著しく型破りまたは普通でない の意
  • 感覚または知性に明確でない意味を持つ; 普通の理解を越えて の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 超自然的な影響の作用を提案するさま の意

奇異の類語

  • 容易に説明されない の意
  • 目立って、著しく型破りまたは普通でない の意
  • 通常あるいは予想を越えて、から逸脱するさま の意
  • 奇妙な態度や習慣 の意

怪奇の類語

  • 目立って、著しく型破りまたは普通でない の意
  • 感覚または知性に明確でない意味を持つ; 普通の理解を越えて の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 超自然的な影響の作用を提案するさま の意
  • 理解するすべがなく説明できないもの の意
  • 驚異の念を抱かせるもの の意

怪異の類語

  • 感覚または知性に明確でない意味を持つ; 普通の理解を越えて の意
  • 明らかに並外れていて予想外であるさま; わずかに奇妙で、若干不思議なほどの の意
  • 超自然的な影響の作用を提案するさま の意
  • 嘲笑を誘う、不調和な不自然さや歪み の意
  • 怪奇さ
  • 異質で、本来その土地のものでない性質 の意
  • 想像上の生き物で、普通は人間や動物の様々な部位からできている の意
  • 明らかに普通でない、あるいは不具である人あるいは動物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi