すきま/すき の解説 - 小学館 類語例解辞典

すきま/すき の共通する意味

物と物の間のあいている所。

英語表現 an opening

国語辞書で調べる すきま すき

すきま/すき の使い方

すきま
▽食器を入れた箱のすきまに紙を詰める ▽すきま風
すき
▽ふすまのすきから隣の部屋をのぞく

すきま/すき の使い分け

「すきま」の方が、一般的。「隙間」「透き間」とも書く。
「すき」は、「仕事のすきをみて一服する」のように、あいた時間の意や、「相手のすきをみて攻め込む」のように、油断、気のゆるみの意で使うことも多い。「透き」「隙」とも書く。

すきま/すき の関連語

空隙
「すきま」「すき」の改まった言い方。文章語。「空隙を埋める」

カテゴリ

#事柄・性質#形状

すきま/すき の類語 - 日本語ワードネット

すきま の類語

狭い開口部 の意

物の内部または間の空間あるいは隙間 の意

(通常、ものとものの間を何らかの手段で境界づけている)空の場所 の意

すき の類語

土地を耕して、植え付ける前に溝を切るための一つ以上の重い刃のある農具 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi