• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

切れ目(きれめ)/分け目(わけめ)/裂け目(さけめ)/小口(こぐち)/切れ口(きれくち)/割れ目(われめ)/継ぎ目(つぎめ)/節目(ふしめ)

  1. [共通する意味]
      ★連なっているものがとだえた所。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔切れ目〕
      ▽話の切れ目
      ▽金の切れ目が縁の切れ目
    • 〔分け目〕
      ▽髪の毛に分け目を入れる
    • 〔裂け目〕
      ▽堤防に裂け目が生じた
      ▽木の裂け目
    • 〔小口〕
      ▽ねぎの小口切り
      ▽書物の小口
    • 〔切れ口〕
      ▽あかぎれの切れ口
      切れ口が鋭い
    • 〔割れ目〕
      ▽塀に割れ目ができる
      ▽ガラスに割れ目が入る
    • 〔継ぎ目〕
      ▽レールの継ぎ目
      ▽板の継ぎ目
      ▽布の継ぎ目
    • 〔節目〕
      ▽材木の節目
  1. [使い分け]
    • 【1】「切れ目」は、続いていたものがとだえた所。また、とだえた時もいう。
    • 【2】「分け目」は、連続している何かを分けた所。
    • 【3】「裂け目」は、裂けた所。
    • 【4】「小口」は、切断面のこと。また、書物の背と反対側の切り口もいう。
    • 【5】「切れ口」は、切れた所。
    • 【6】「割れ目」は、割れた所。
    • 【7】「継ぎ目」は、物と物とをつなぎ合わせてある所。
    • 【8】「節目」は、竹、材木などの節のある所。
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

切れ目の類語

  • ボーリング選手がストライクもスペアも取れないフレーム の意
  • 小さな切れ込み の意
  • 配る前に1組のトランプを分離させること の意
  • 一時的な無活動状態 の意
  • 浸食や発掘による運河 の意
  • 衣服が裁断されるスタイル の意
  • 破壊の発生 の意
  • 表面へ引っ掻かれた、または彫られたへこみ の意

分け目の類語

  • 概念的な分離あるいは区別 の意
  • 何かの過程での正念場か転機 の意

裂け目の類語

  • 細長い開口部 の意
  • 地表の深い裂け目 の意
  • 細長い開口部 の意
  • 引きちぎるなどして無理矢理作った開口部 の意
  • 木材の縦方向の割れ目 の意
  • 表面の細長いくぼみ の意

切れ口の類語

  • 細長い開口部 の意

割れ目の類語

  • 細長い開口部 の意
  • 組織や器官の部分の間の微少な構造上の空間 の意
  • 地表の深い裂け目 の意
  • 壁の板の間のような狭い隙間 の意
  • 細長い開口部 の意
  • 木材の縦方向の割れ目 の意
  • 表面の細長いくぼみ の意

継ぎ目の類語

  • 喫煙用の煙草に巻き入れたマリファナの葉 の意
  • ここで部品や物体どおしが接続される の意
  • 2つの断片を結ぶことで線を形成することで成る接合 の意
  • すぐに何かか誰かの後任になるものあるいは人 の意
  • 順序において次に続く人 の意
  • 物事が集まり、接続された形または方法 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi