応急/代用/場当たり の解説 - 小学館 類語例解辞典

応急/代用/場当たり の共通する意味

計画された中での本来的な事物や行為でなく、その場限りで臨時に間に合わせること。

国語辞書で調べる 応急 代用 場当たり

応急/代用/場当たり の使い方

応急
▽とりあえずは応急の措置をとる ▽応急的な処置
代用する
▽代用のものでその場をしのぐ
場当たり
▽そんな場当たり的なことではいけない

応急/代用/場当たり の使い分け

「応急」は、いずれは本格的な物を使用したり、本格的な措置を講じたりするつもりはあるものの、その時点では間に合わないために、別の物を使用したり、本格的な措置が可能になるまでのつなぎの措置を講じたりすること。[英]emergency
「代用」は、本来使用されるべき物の代わりに、同じような用をなす別の物を使用し、用を果たすこと。[英]a substitute
「場当たり」は、特に計画もなく、その時点において簡単にできる措置を深い思慮もなしに行ってしまうこと。通常は、本来ならしっかりした計画のもとに講ずるべき措置を考えなければならないのに、その計画や思慮を怠ったという悪い意味で使われる。[英]haphazard

カテゴリ

#事柄・性質#方法・手段

応急/代用/場当たり の類語 - 日本語ワードネット

応急 の類語

火急の必要や緊急事態に対応するために考えられた事柄 の意

戒厳令がしかれること の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi