• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いわれ/由緒(ゆいしょ)/由来(ゆらい)/来歴(らいれき)

ブックマークへ登録
関連語
故事(こじ)
縁起(えんぎ)
  1. [共通する意味]
      ★物事の起こりから現在に至るまでの次第。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔いわれ〕
      いわれ因縁(=物事の起こったもと)
    • 〔由緒〕
      由緒正しい家柄の出
    • 〔由来〕スル
      ▽古代ギリシアに由来する建築様式
    • 〔来歴〕
      ▽故事来歴
  1. [使い分け]
    • 【1】「いわれがある…」「由緒がある…」は、誇るべき歴史、たどった過程があるという意。「由緒正しい」も、ほぼ同じ意だが、これは主として家柄に対して用いられる。
    • 【2】「由来」は、「…に由来する」の形で、物事がそれをもとにして現れる意を表わす場合もある。また、「あの人は由来慎重な人だ」「由来物事を知らない男だ」のように、もともと、元来の意もある。
    • 【3】「来歴」は、物事がそれまで経てきた次第。
    • 【4】「いわれ」は「謂われ」とも書く。
  1. [関連語]
    • (故事) 昔から言い伝えられている事柄。「古代中国の故事にちなむ」「故事来歴」
    • (縁起) 主として社寺の起こりについて使う。「寺の縁起を説明する」「信貴山(しぎさん)縁起絵巻」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    この寺の…を語る地名の…を調べる…のありそうな家
    いわれ
    由緒
    由来
    来歴
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

由緒の類語

  • 過去の出来事の記録または物語風の記述 の意
  • 過去の出来事の集合体 の意

由来の類語

  • 本質の上で; 基礎において、またはその本質によって の意
  • 何かから育つ、起源をもつ、に由来する の意
  • 同じ血統の他の人たちと共有する、遺伝的に受け継がれた特性 の意
  • 過去の出来事の記録または物語風の記述 の意
  • ある現象の原因の説明 の意
  • 何かが派生した(そこから来た、あるいは生じた)根元的なもの の意
  • 過去の出来事の集合体 の意

来歴の類語

  • 職業的人生の大まかな歩み の意
  • 過去の出来事の記録または物語風の記述 の意
  • 過去の出来事の集合体 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。