帰着/帰結/帰趨/帰する の解説 - 小学館 類語例解辞典

帰着/帰結/帰趨/帰する の共通する意味

最終的に行き着くこと。

英語表現 a conclusion

国語辞書で調べる 帰着 帰結 帰趨 帰する

帰着/帰結/帰趨/帰する の使い方

帰着する
▽帰着するところは同じだ ▽同じ結論に帰着する
帰結する
▽一つの解決策に帰結した ▽当然の帰結
帰趨する
▽民心の帰趨するところを読む ▽勝敗の帰趨
帰する 【サ変】
▽一切が灰燼(かいじん)と帰した ▽せっかくの努力も水泡に帰する ▽烏有(うゆう)に帰する

帰着/帰結/帰趨/帰する の使い分け

「帰着」は、「昨日、日本に帰着した」のように、帰り着くことの意味があり、そこから、議論や物事が最終的にある一つのところに落ち着くことを意味する。
「帰結」は、議論、行為などの結論、結果に行き着くこと。
「帰趨」は、ある方向に進んで行くものが、最終的にある一つのところに落ち着くこと。文章語。
「帰する」は、「…に帰する」「…と帰する」の形で、…という結果になる意を表わす。また、「責任を他人に帰する」のように、責任や罪を人や物に負わせる意味もある。文章語。

カテゴリ

#事柄・性質#始まり・終わり

帰着/帰結/帰趨/帰する の類語 - 日本語ワードネット

帰着 の類語

(特定のようすや状態等で)生じる、あるいは終わらせる; 終わる の意

帰結 の類語

直観的な仮定 の意

論理的な推論によって到達する命題(三段論法の大前提と小前提から帰結しなければならない命題など) の意

事件や出来事の結末の部分 の意

帰趨 の類語

一般的に変化する傾向の(意見などで) の意

帰する の類語

(特定のようすや状態等で)生じる、あるいは終わらせる; 終わる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi