時間/時/アワー/タイム の解説 - 小学館 類語例解辞典

時間/時/アワー/タイム の共通する意味

ある時刻と時刻との間。

英語表現 time

国語辞書で調べる 時間 アワー タイム

時間/時/アワー/タイム の使い方

時間
▽昼休みの時間は一時間しかない ▽無駄話をしている時間はない ▽睡眠時間 ▽就業時間
▽時は金なり ▽時を稼ぐ
アワー
▽ラッシュアワー ▽ゴールデンアワー
タイム
▽禁煙タイム ▽ランチタイム

時間/時/アワー/タイム の使い分け

「時間」「時」は、元来は、過去・現在・未来と連続して永遠に流れ移ってゆくと考えられ、空間とともに、認識のもっとも基本的な形式をなすものをいう。いずれも意味が広い。
「アワー」「タイム」は、多く、他の語と複合して使われる。また、「タイム」は、「マラソンで世界最高のタイムが出た」のように、競走・競泳などで、それに要した時間の意でも使われる。
「時間」は、時の長さの単位としても使われる。一時間は一日の二四分の一、一分の六〇倍。

カテゴリ

#事柄・性質#時・時間

時間/時/アワー/タイム の類語 - 日本語ワードネット

時間 の類語

物事がその中で未来から現在を通り過去へと流れる、経験の連続体 の意

その間を行くために費やされる時間によって測定される距離 の意

ある特別な場合の経験 の意

時間の量 の意

無限の期間(通常、特定の属性または、活動に特徴付けられる) の意

時計によるある時点を読み取る の意

何かの持続時間全体 の意

(3つの空間次元に伴い)現実の事象を特定する第四の座標 の意

  • 第四次元

時間の周期、1日の1/24と等しい の意

時間 の意

何らかの動作や状態によって特徴付けられる確定できない期間(通常短い期間) の意

2つの瞬間によって区切られる一定の時間 の意

あなたの管理下においてリソースとして見なされ、何かを達成するために十分な一定の期間 の意

の類語

物事がその中で未来から現在を通り過去へと流れる、経験の連続体 の意

分布のn次モーメントは、固定値からの偏差のn乗の期待値になる の意

ある特別な場合の経験 の意

何かの出来事のための場合や1つの機会 の意

状況の好ましい組み合わせによる可能性 の意

何かを行う好機 の意

無限の期間(通常、特定の属性または、活動に特徴付けられる) の意

時計によるある時点を読み取る の意

ふさわしい瞬間 の意

特別な出来事のあるとき の意

何らかの動作や状態によって特徴付けられる確定できない期間(通常短い期間) の意

あなたの管理下においてリソースとして見なされ、何かを達成するために十分な一定の期間 の意

タイム の類語

物事がその中で未来から現在を通り過去へと流れる、経験の連続体 の意

(仕事のような)何かを行うことからの小休止 の意

無限の期間(通常、特定の属性または、活動に特徴付けられる) の意

何かが一時的に停止されている休止時間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi