• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

時代(じだい)/時世(じせい)/年代(ねんだい)/時(とき)

関連語
時世(ときよ)
エポック
  1. [共通する意味]
      ★流れ行く時間の中で、ある長さをもった年月。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔時代〕
      ▽古きよき時代
      時代に逆行する考え方
      ▽青春時代
      ▽江戸時代
    • 〔時世〕(じせい)
      ▽昔とは時世が違う
      ▽自由にものが言えるありがたいご時世
    • 〔年代〕
      年代を経た建物
      年代
    • 〔時〕
      は変わり、民主主義の社会になった
      ▽戦争という大変なを経験した
  1. [使い分け]
    • 【1】「時代」「時」は、社会的、歴史的な時間の流れの中で区切られた一時期のみならず、個人的なある一時期をも表わす。
    • 【2】「時世(じせい)」は、その時代その時代の世の中という意味合いで用いられる。
    • 【3】「年代」は、経過してきた年月の意。また、「年代順」のように、紀元から順に数えた年数の意や、「父の年代の人」のように、世代の意もある。
  1. [関連語]
    • (時世)(ときよ) その時代の世の中の意味の、古い言い方。「時世時節」
    • (エポック) 前の時代とは一線を画する、異なった意味をもった時期、時代、段階。「エポックを画する」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

時代の類語

  • 時間の量 の意
  • 現在、またはかつて存在していた時間のおおよその一定期間 の意
  • 現代の環境と思想 の意
  • 無限の期間(通常、特定の属性または、活動に特徴付けられる) の意
  • 岩の体系ができた地質学的時間の単位 の意
  • 地質学的年代の主要な区分; 通常時代は、2つ以上の期間に分割される の意
  • 紀の下位区分で、それ自体は期に分割される、地質年代の単位 の意
  • 顕著な特徴または固定された時点または出来事で認められる時代 の意
  • 存在または影響の時代 の意
  • 顕著な特徴を持っている歴史の時代 の意

時世の類語

  • 現在、またはかつて存在していた時間のおおよその一定期間 の意
  • 存在または影響の時代 の意
  • 顕著な特徴を持っている歴史の時代 の意

年代の類語

  • 何かが、どれくらい存在したか の意
  • 時間の量 の意
  • ある出来事が起こった特定の日、月、または年(通常、グレゴリオ暦による) の意
  • 顕著な特徴または固定された時点または出来事で認められる時代 の意
  • 顕著な特徴を持っている歴史の時代 の意

の類語

  • 物事がその中で未来から現在を通り過去へと流れる、経験の連続体 の意
  • 分布のn次モーメントは、固定値からの偏差のn乗の期待値になる の意
  • ある特別な場合の経験 の意
  • 何かの出来事のための場合や1つの機会 の意
  • 状況の好ましい組み合わせによる可能性 の意
  • 何かを行う好機 の意
  • 無限の期間(通常、特定の属性または、活動に特徴付けられる) の意
  • 時計によるある時点を読み取る の意
  • ふさわしい瞬間 の意
  • 特別な出来事のあるとき の意
  • 何らかの動作や状態によって特徴付けられる確定できない期間(通常短い期間) の意
  • あなたの管理下においてリソースとして見なされ、何かを達成するために十分な一定の期間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi