不意/いきなり/出し抜け の解説 - 小学館 類語例解辞典

不意/いきなり/出し抜け の共通する意味

動作、行為が突然なさま。

英語表現 abruptly

国語辞書で調べる 不意 いきなり 出し抜け

不意/いきなり/出し抜け の使い方

不意 【名・形動】
▽相手の不意をつく
いきなり 【副】
▽いきなり指名されて面くらう
出し抜け 【形動】
▽出し抜けにそんなことを言われても困るよ

不意/いきなり/出し抜け の使い分け

「不意」は、予想、予期しないことが起こるさまをいう。
「いきなり」は、「受付も通さずに、いきなり社長室を訪れる」「準備運動をしないで、いきなり泳ぐ」のように、手順を踏まないで、途中を飛ばして、という意味をもつ。そこから、予期する間もなく突然に、という意味が出る。
「出し抜け」は、相手の意表をつく行為に用いる。

不意/いきなり/出し抜け の関連語

やにわに 【副】
突然ことを行うさま。「やにわに席を立つ」

不意/いきなり/出し抜け の類語対比表

会議中に…席を立つ前の車が…ブレーキをかける係長から…部長になる…申し出
不意-に○-に○-に--の○
いきなり-の-
出し抜け-に○-に○-に--な○

カテゴリ

#事柄・性質#時・時間

不意/いきなり/出し抜け の類語 - 日本語ワードネット

不意 の類語

予想または予期されない の意

予想されない の意

何の前触れもなく、または短い時間に起こるさま の意

非常に突然で予想外の の意

思いもかけないこと、驚きまたは驚嘆を引き起こすさま の意

出し抜け の類語

予想または予期されない の意

予想されない の意

何の前触れもなく、または短い時間に起こるさま の意

非常に突然で予想外の の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi