さしずめ/ひとまず/とりあえず の解説 - 小学館 類語例解辞典

さしずめ/ひとまず/とりあえず の共通する意味

将来のことはわからないが、今のところ。

英語表現 for the time being

国語辞書で調べる さしずめ ひとまず とりあえず

さしずめ/ひとまず/とりあえず の使い方

さしずめ 【副】
▽さしずめこのままにしておいてよかろう
ひとまず 【副】
▽ひとまずホテルに落ち着いた ▽ここはひとまず引き揚げだ
とりあえず 【副】
▽とりあえず必要な物だけ買い揃(そろ)えた

さしずめ/ひとまず/とりあえず の使い分け

「さしずめ」は、「君が大将なら、さしずめぼくは足軽か」のように、当てはまるものをいろいろ考えてみて、結局のところの意でも用いられる。
「ひとまず」は、物事が進むなかで、一応の区切りをつけるときに用いる。
「とりあえず」は、取るべきものも取らずに応急的にの意。「取り敢えず」とも書く。

さしずめ/ひとまず/とりあえず の類語対比表

これで…生活には困らないだろう手付金を…払っておこう午前の部は…終わった右…お礼まで
さしずめ
ひとまず
とりあえず

カテゴリ

#事柄・性質#今昔

さしずめ/ひとまず/とりあえず の類語 - 日本語ワードネット

とりあえず の類語

一時的に の意

他のいかなるもの何よりも前に の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi