ついに/とうとう の解説 - 小学館 類語例解辞典

ついに/とうとう の共通する意味

長い時間を要して、あるいはさまざまな事があった後に、ある最終的な結果が現れるさまを表わす語。

英語表現 in the end

国語辞書で調べる ついに とうとう

ついに/とうとう の使い方

ついに 【副】
▽長時間歩き続けてついに頂上にたどり着いた ▽彼女はついに現れなかった
とうとう 【副】
▽船はだんだん小さくなって、とうとう見えなくなった ▽お金に困ってとうとう土地まで手放した

ついに/とうとう の使い分け

「ついに」は、当初の期待がかなったり、心配や不安が現実化したりする場合に用いられる。
「とうとう」は、前の段階、程度が高まったり進行したりした結果や成り行きを表わす。
「ついに」と「とうとう」では、「ついに」の方が、やや改まった言い方。

ついに/とうとう の関連語

あげくの果て
結果として次のようなことが生じたという事実を強調する言い方。多く、よくない結果について使う。「金に困って、あげくの果てに盗みを犯した」
とどのつまり 【副】
途中のいろいろな事態を経て、最後は。否定的な結果を述べることが多い。「とど」は、出世魚ボラの成魚の称。「会社の金に手を出して、とどのつまりは首になった」

カテゴリ

#事柄・性質#今昔

ついに/とうとう の類語 - 日本語ワードネット

ついに の類語

継承か過程の結末として の意

不特定の期間か特に長い遅れの後に の意

非常に長い期間の後に の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi