前/先 の解説 - 小学館 類語例解辞典

前/先 の共通する意味

空間的に、人や物が向かっている方向。現在の位置よりもっと進んだあたり。また、向かっている方向に対する、最も進んだ側の面。順序の場合、一方向を向いてその方向に並んでいるとき、番号の若い方の位置、または、一番の位置。

英語表現 before

国語辞書で調べる

前/先 の使い方

▽校門の前で待つ ▽一番前の列 ▽前の人に続いて入る ▽困難を前にする ▽服を後ろ前に着る
▽五メートル先すら見えない ▽一番先に着く ▽一歩先に出る

前/先 の使い分け

「前」は、人や物が向かっている方向や、向かうべき方向を示すと共に、そちらへ向かっている側の事物の表面をも表わす。また、物や人の正面のあたりの位置をいう。全体に、目に見える範囲でとらえられる関係であることが多く、空間的には「後ろ」に対する語として位置的に明らかである。また、順序を表わすときも、あることがらよりも早いこと、ある位置よりも、向かっている方向に近いことをいい、他との関係の中で決定される語である。
「先」は、「前」にくらべると用いる範囲が広く、やや抽象的な性格を持つ。「前」が、他の物事との位置関係の比較により示されるのに対し、かなり基準点を離れた空間をさすことが多く、ひとつの動きが向かっていくあたりを示す。「まだ先は長い」「先は遠い」など、時間、空間をかねた言い方も多く、位置を比較しているのとは異なる。順序を示す「一番先」「先に」なども、ある基準から見ているのでなく、多くの同様の物事の中から突端へ出る動きを表わしていると考えられる。また、位置の関係でも正面をいうのではなく、もっと進んでいったあたりを示す。

前/先 の反対語

▼前⇔後ろ・あと 先⇔あと・もと

前/先 の類語対比表

…へ進む…を向くこの…行き止まりその…にこれをしようこちらを…に始めよう

カテゴリ

#事柄・性質#位置

前/先 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

最初に見られる、または最初に行く側 の意

前方あるいは目立つ面 の意

人あるいは物のすぐ近く の意

の類語

尖っている先端 の意

時間的に先立つこと の意

矢印の棒の一端にあるV型の記号 の意

長さのある何かのどちらかの先端 の意

あるものの一番先; 特に何かとがっているもの の意

何かの一番上 の意

まだ到来していない時間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi