上/上方/高み の解説 - 小学館 類語例解辞典

上/上方/高み の共通する意味

何かとくらべて高い方の位置、場所。

英語表現 the upper part

国語辞書で調べる 上方 高み

上/上方/高み の使い方

(うえ)
▽頭の上に荷物をのせて運ぶ ▽頭の上を飛行機が飛ぶ ▽ここから上は歩いては登れない ▽紙の上の余白にメモする ▽上から十行目
上方
▽この階より上方は立入禁止です ▽はるか上方を飛行機が飛ぶ ▽売れ行きが良いので販売目標を上方に修正する
高み
▽山の高みに立つ ▽高みから見下ろす ▽高みの見物(=第三者の立場で気楽に眺めること)

上/上方/高み の使い分け

「上(うえ)」は、何かの表面と接している場合と、離れて高く位置する場合と両方にいう。
「上方」は、離れて高く位置する場合にいう。
「高み」は、高い場所の意の改まった言い方。
「上」には、「実力が上だ」のように、程度が高いことの意味や、「オーバーを上に着る」のように、表面という意味もある。

上/上方/高み の反対語

▼上(うえ)⇔下(した) 上方⇔下方(かほう)

上/上方/高み の関連語

(かみ) 位置が高いこと。また、ひと続きのものの初め。川では上流、和歌などでは前半をいう。⇔下(しも)。「上から笹舟(ささぶね)が流れてきた」「上の句」
上手
(かみて) うえの方。川の上流。また、上座に近い所の意や舞台の向かって右手の方の意でも用いられる。⇔下手(しもて)。「川を上手へさかのぼる」「上手に座る」「上手から主役が登場した」

参照

(かみ)上座/上座/上席 上手(かみて)上座/上座/上席

カテゴリ

#事柄・性質#位置

上/上方/高み の類語 - 日本語ワードネット

の類語

政治体の行政部門である組織 の意

あるものの一番上、あるいは一番高い面 の意

自分より年上の人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi