上手/上部 の解説 - 小学館 類語例解辞典

上手/上部 の共通する意味

上の方の位置、部分。

英語表現 the upper part

国語辞書で調べる 上手 上部

上手/上部 の使い方

上手(うわて)
▽山の上手まで土地を耕す
上部
▽台風でアンテナの上部が折れた

上手/上部 の使い分け

「上手(うわて)」は、「兄の方がなんといっても一枚上手だ」のように、才知、技術などが他の人よりすぐれていることの意味もある。「じょうず」「かみて」と区別するため、「うわて」と仮名書きにすることも多い。
「上部」は、「上部構造」「上部組織」のように、抽象的な硬い表現にも多く用いる。

上手/上部 の反対語

▼上手(うわて)⇔下手(したて) 上部⇔下部(かぶ)

参照

上手(うわて)上手

カテゴリ

#事柄・性質#位置

上手/上部 の類語 - 日本語ワードネット

上手 の類語

絶対服従を期待するさま の意

才能または複数の才能を授けられる の意

繊細さとスキルによってされる の意

知識、技能、および才能を持っているか、または示すさま の意

実用技術における技術または技能の、あるいは、実用技術における技術または技能に関する の意

非常な才能と能力をもっているという特質 の意

過度のまたは偽りの賞賛 の意

俳優が観客に向かった時に俳優の左側にくる舞台の部分 の意

  • 舞台左手

上部 の類語

穴(特に容器のてっぺんにある穴)を覆う物 の意

あるものの上の部分 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi