中/間 の解説 - 小学館 類語例解辞典

中/間 の共通する意味

物にはさまれた内側。両者の中間。

英語表現 in《形》

国語辞書で調べる

中/間 の使い方

▽たんすの中に衣類をしまう ▽たくさんの本の中から一冊だけを選ぶ
▽家と家の間に塀を作る ▽本の間にメモをはさむ

中/間 の使い分け

「二人の中(間)をとりもつ(ひき裂く)」(この場合「中」は「仲」とも)のように、人と人との関係を示す場合や、「二つの意見の間(中)をとって決める」のように、中間の意味の場合には、「中」「間」は同じように用いられる。
空間についていう場合、「間」は、二つの物にはさまれた内側についてのみいうが、「中」は、二つ以上のものにはさまれた内側や周囲を囲まれた内部の意にも用いる。
「中」には、「雨の中を歩く」「お忙しい中を申し訳ございません」のように、事態、状態などの内部の意味がある。
「間」は、「眠っている間に財布をすられた」のように、時間の範囲や、「学生の間で人気のある教授」のように、限られた範囲を示す場合もある。

中/間 の反対語

▼中⇔外

中/間 の類語対比表

列の…に入る二人の…に割って入る二枚のパンの…にハムをはさむ部屋の…に入る人ごみの…にまぎれこむ

カテゴリ

#事柄・性質#位置

中/間 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

平均的で突出していない結果としての平凡さ の意

脊椎の主要部 の意

線の両端、あるいは図形の両端から等距離にある点 の意

何かの内部であるか閉じられた表面 の意

他のものによって囲まれる何かの位置 の意

の類語

2つの実体あるいは部分にともに属する、あるいは固有な抽象的実体 の意

一時的な無活動状態 の意

壁、床、天井に囲まれている建物内の区域 の意

2点の間の距離または間隔 の意

2つの音の間のピッチの違い の意

物の内部または間の空間あるいは隙間 の意

人々の関係 の意

(通常、ものとものの間を何らかの手段で境界づけている)空の場所 の意

何かの持続時間全体 の意

2つの時間の間の間隔 の意

何らかの動作や状態によって特徴付けられる確定できない期間(通常短い期間) の意

2つの瞬間によって区切られる一定の時間 の意

何かが一時的に停止されている休止時間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi