目/眼/アイ の解説 - 小学館 類語例解辞典

目/眼/アイ の共通する意味

人や動物に備わる、物を見る器官。

英語表現 the eye

国語辞書で調べる アイ

目/眼/アイ の使い方

▽目をあける ▽寝不足で目が赤い ▽驚いて目を丸くする
▽まなこを閉じる ▽ねぼけまなこ ▽どんぐりまなこ
アイ
▽アイバンク ▽アイシャドー ▽カメラアイ

目/眼/アイ の使い分け

「目」が最も一般的。「眼(め)」と表記する場合もある。
「まなこ」は、元来は瞳(ひとみ)の意で、転じて、目をさすようになった。
「アイ」は、他の外来語と複合して用いる。

カテゴリ

#人間の体#目・耳

目/眼/アイ の類語 - 日本語ワードネット

の類語

編み物、かぎ編み、刺繍、または縫い物で作られる輪、または結び目 の意

視覚器官 の意

良い認識(視的または視的であるようなもののいづれか) の意

見えるものに対して注意すること の意

  • 目を釘付けにすること

物を見る精神的な立場 の意

記述された物のセクションへの一般的または詳述した表題 の意

共通の属性を有する物の集まり の意

1つ以上の科を含む分類群 の意

の類語

視覚器官 の意

良い認識(視的または視的であるようなもののいづれか) の意

見る能力; 視覚の機能 の意

見えるものに対して注意すること の意

  • 目を釘付けにすること

物を見る精神的な立場 の意

アイ の類語

視覚器官 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi