ほとり/端 の解説 - 小学館 類語例解辞典

ほとり/端 の共通する意味

物のへりに近いところ。

英語表現 neighborhood

国語辞書で調べる ほとり

ほとり/端 の使い方

ほとり
▽湖のほとりのホテル
(はた)
▽道の端

ほとり/端 の使い分け

「ほとり」は、ある物や場所のそばをいうが、川、池、海など水のそばに多く用いる。「辺」「畔」とも書く。
「端」は、ある物のそばをいい、「ほとり」よりも広い範囲に用いる。また、「端の迷惑も考えろ」のように、周囲の人のこともいう。

カテゴリ

#事柄・性質#位置

ほとり/端 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

王冠から外側に突き出した円形の縁 の意

2つの交差する壁で形成される内角 の意

物、面積または表面の外側の制限; 何かの中心から最もほど遠い場所 の意

尖っている先端 の意

矢印の棒の一端にあるV型の記号 の意

ある領域の外れの場所 の意

表面の境界 の意

何かの極限を示す境界 の意

長さのある何かのどちらかの先端 の意

最も外側のまたは最も遠い領域またはポイント の意

純売上高から販売した製品やサービスの原価を差し引いたもの の意

領域の範囲を決定づける線 の意

境界線、もしくは境界のすぐ内側の領域 の意

境界を示している地域 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi