• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(おもて)/表面(ひょうめん)/外面(がいめん)

  1. [共通する意味]
      ★物事の外に現れている部分。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔表〕
      ▽アンケート用紙のに名前を書く
      ▽硬貨の裏と
    • 〔表面〕
      ▽液体の表面に働く力
      ▽月の表面にあるクレーター
      表面が毛で覆われている
    • 〔外面〕
      外面の美しさばかりを追求する
      外面からは複雑な国民感情はうかがいしれない
  1. [使い分け]
    • 【1】「表」は、平面的なものの、裏ではない方。また、物事の外に現れている部分のうち、人の目につく部分をいう場合に用いられる。他に、「表で遊ぶ」「表に車をとめる」のように、戸外の意や、「人間は表を見ただけではわからない」のように、うわべ、外見の意でも使われる。
    • 【2】「表面」は、物事の外側の面それ自体の意で用いられる。平面的なもの、立体的なものを問わずにいう。
    • 【3】「外面」は、物事の外側の面、また外から見える様子をいう。
    • 【4】いずれも、物事の中心、本質にいたらない浅い部分、という意でも用いる。
  1. [反対語]
      ▼表⇔裏 表面⇔裏面 外面⇔内面
  1. [参照]
  1. [対比表]
    紙の…布地の…の側湖の…高層ビルの……は平静を保つ
    表面
    外面
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 物の使用が依存する側(通常物のの最も顕著な面) の意
  • 最初に見られる、または最初に行く側 の意
  • 物体の外側の境界、または境界となるあるいはそれに似た物質の層 の意
  • 他の目から見えるステータス の意
  • 規則正しく配列した項目(名前または案件)を含むデータベース の意
  • 行と列に配置されたデータの組 の意
  • 物の外の部分を形成する面 の意
  • 何かの外側か表面 の意
  • 空気が閉ざされていない所 の意

表面の類語

  • 良い印象を与えるためにあることがそうであるように見せかけること の意
  • 物の使用が依存する側(通常物のの最も顕著な面) の意
  • 物体の外側の境界、または境界となるあるいはそれに似た物質の層 の意
  • 人や物の、外に現われた目に見える様子 の意
  • 物の外に現われている全体的な様子 の意
  • 何かの本性とは対照的な表面 の意
  • 物の外の部分を形成する面 の意
  • 3次元の物体のいずれかの先端の表面 の意
  • 何かの外側か表面 の意
  • 3次元の物の拡張された2次元の外側の境界 の意
  • 境界線の外側、もしくはものの表面 の意

外面の類語

  • 物体の外側の境界、または境界となるあるいはそれに似た物質の層 の意
  • 人や物の、外に現われた目に見える様子 の意
  • 何かの本性とは対照的な表面 の意
  • 何かの外側か表面 の意
  • 3次元の物の拡張された2次元の外側の境界 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi