• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

重要(じゅうよう)/大事(だいじ)/大切(たいせつ)/肝要(かんよう)/肝心(かんじん)

  1. [共通する意味]
      ★価値があり、重んじなければならないこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔重要〕(名・形動)
      ▽事件の鍵(かぎ)になる重要な証言
      重要な点を聞き落とす
      重要参考人
    • 〔大事〕(形動)
      大事な話をメモする
      ▽毎日勉強することが大事
    • 〔大切〕(形動)
      ▽友人に借りた大切な本
      ▽道路を横断するときには注意が大切
    • 〔肝要〕(名・形動)
      ▽忍耐が肝要
      肝要な点を述べる
    • 〔肝心〕(名・形動)
      ▽準備はできたが肝心の天気が思わしくない
      肝心(かなめ)のこと
      ▽下ごしらえが肝心
  1. [使い分け]
    • 【1】「重要」は、何かのためにその役割が重いことを表わす。たとえば、「重要なポスト」は、社会やその団体にとって大きな役割をもつ地位のこと。
    • 【2】「大事」「大切」は、ほぼ同意。「重要」との相違は、特別な役割をもたない点にある。たとえば、「大事な人」「大切な人」は、「(何かのために)重要な人」とは異なり、ただ単に心を配るべきかけがえのない人の意である。また、「重要」が、客観的にみて必要性が高いのに対して、「大事」「大切」は、主観的、心情的に必要であるという意味合いが強い。
    • 【3】「肝要」は、「重要」「大事」「大切」よりも、重んずべき程度が高い。目的がはっきりしている場合が多い。多く、文章で使われる。
    • 【4】「肝心」には、他とくらべてとりわけ、の意がある。「肝腎」とも書く。「肝心(肝腎)」は、肝臓と心臓(または腎臓)のこと。それらが五臓のうち特に大切だと考えられたところからいう。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …な問題彼の行動には…な意味がある…なかたみの時計皆そろったのに…の彼がまだだ
    重要
    大事
    大切
    肝要
    肝心
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

重要の類語

  • 重要な方法であるいは重要な程度に の意
  • 有意
  • 重要なことには
  • 位置または重要性で顕著な の意
  • 極めて重要である; 危機の解決に不可欠な の意
  • 基本的な の意
  • 至急必要とされるさま; 絶対に必要であるさま の意
  • 大きな意義または価値 の意
  • 重要な の意
  • 意味か目的を持っているさま の意
  • 高い地位の意識を持つか、または示すさま の意
  • 影響あるいは意味において重要な の意
  • 影響においてとても大きなさま、あるいは重要なさま; 有力なさま の意
  • 重要で、注目に値するという特質 の意

大事の類語

  • 極めて重要である; 危機の解決に不可欠な の意
  • 分岐点または危機の性質を作るか、持つさま の意
  • 大きな意義または価値 の意
  • 重要な の意
  • 好きである愛情の感覚または、を示すことにより特徴づけられる の意
  • 高い地位の意識を持つか、または示すさま の意
  • 影響あるいは意味において重要な の意
  • 非常に大きな意義のある の意
  • 影響においてとても大きなさま、あるいは重要なさま; 有力なさま の意
  • 特に生来の本質の崇拝すべき特性をとても尊敬する の意
  • 価値あるもの の意

大切の類語

  • いろんな公演の終了部分 の意
  • 極めて重要である; 危機の解決に不可欠な の意
  • 大きな意義または価値 の意
  • 心から愛されている の意
  • 好きである愛情の感覚または、を示すことにより特徴づけられる の意
  • 特殊の種類の価値を持つ の意
  • 価値ある
  • 影響あるいは意味において重要な の意
  • 最終的な部分またはセクション の意

肝要の類語

  • 極めて重要である; 危機の解決に不可欠な の意
  • 分岐点または危機の性質を作るか、持つさま の意
  • 注意や行動を必要とする の意
  • 基本的な の意
  • 省かれないように; 必須の の意
  • 至急必要とされるさま; 絶対に必要であるさま の意

肝心の類語

  • 基本的な の意
  • 至急必要とされるさま; 絶対に必要であるさま の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi