あまり/さほど/さして/大して/それほど の解説 - 小学館 類語例解辞典

あまり/さほど/さして/大して/それほど の共通する意味

特に取り立てて言うほどのことはない、大したことはないさま。

英語表現 not so

国語辞書で調べる あまり さほど さして 大して それほど

あまり/さほど/さして/大して/それほど の使い方

あまり 【副】
▽勉強はあまり好きではない ▽彼の絵はあまりうまくない
さほど 【副】
▽車が無くてもさほど困らない ▽一人なら食費はさほどかからない
さして 【副】
▽さして期待していない ▽さして大切な物ではない
大して 【副】
▽大して時間はかからない ▽大して遠くない
それほど 【副】
▽今日はそれほど寒くはない

あまり/さほど/さして/大して/それほど の使い分け

五語とも、「…ない」の否定の形を伴って用いられる。意味の上でも大きな差はない。「さして」は文章語的。
「あまり」は、くだけて「あんまり」ともいう。

あまり/さほど/さして/大して/それほど の関連語

さしたる 【連体】
特にこれというほどの、の意で名詞を修飾する形で用いられる。下に打消の語を伴う。「さしたる証拠もなく疑う」

カテゴリ

#事柄・性質#程度

あまり/さほど/さして/大して/それほど の類語 - 日本語ワードネット

あまり の類語

通常であるか適当な限度を上回っている の意

必要以上に の意

他の部分が取り去られた後に残った物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi