まして/なおさら の解説 - 小学館 類語例解辞典

まして/なおさら の共通する意味

極端な場合でも成り立つことを示して、当該の場合がいうまでもないという意味を表わすときに用いる語。

英語表現 much more

国語辞書で調べる まして なおさら

まして/なおさら の使い方

まして 【副】
▽離れている所でさえうるさいのだから、まして近所は耐えられないだろう
なおさら 【副】
▽練習のときでさえ上がってしまったのだから、本番ではなおさらだ ▽本人だけでなく、相手の両親まで喜んでくれて、なおさらうれしい

まして/なおさら の使い分け

「まして」は、その前にあげられた場合でもこういう状態であるから、他の(後にあげられる)場合は、いうまでもなくその状態がより強く現れるということを表わす。
「なおさら」は、後にあげられた場合のほうが、前の場合より程度がはなはだしいことを表わす。「猶更」「尚更」とも書く。
「まして」は、極端な場合との比較で、当該の場合の程度のはなはだしさを述べるのに対して、「なおさら」は、程度が高まったことだけを述べるので、「表紙がよければなおさらすばらしかったのに」などのように、二つの例を必ずしも示さなくてもよい。

まして/なおさら の関連語

いわんや 【副】
「まして」の意の文章語。多く、漢文訓読文に用いられる。「況んや」とも書く。「他人でさえ涙が出るほどうれしいのだ。いわんや当人においてをや」

カテゴリ

#事柄・性質#程度

まして/なおさら の類語 - 日本語ワードネット

なおさら の類語

より重要な理由で; なお強くて、よりある理由で の意

  • さらに強い理由で
  • いっそう有力な理由で

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi