やはり/相変わらず/依然として の解説 - 小学館 類語例解辞典

やはり/相変わらず/依然として の共通する意味

前の状態と変わらずに続けることを表わす語。

英語表現 still

国語辞書で調べる やはり 相変わらず

やはり/相変わらず/依然として の使い方

やはり 【副】
相変わらず 【連語】
依然として 【連語】

やはり/相変わらず/依然として の使い分け

「やはり」は、予想や期待のとおり、現在が過去と変わっていないことを表わす。
「相変わらず」は、予想や期待に反して、現在が過去と変わっていないことを表わす。
「依然として」は、変化のない状態に焦点をあてた語で、そこには話者の期待は直接には入ってこない。

やはり/相変わらず/依然として の関連語

やっぱり 【副】
「やはり」のくだけた言い方。「やっぱりぼくが行くよ」
なおかつ 【副】
障害に逆らって続けるさまを表わす。書き言葉的。「止められてもなおかつやめない」◇「早くてなおかつ正確な仕事」のように、「その上さらに」の意もある。
なおも 【副】
前の状態に付け加えて進めるさまを表わす。「なおも雪は降りつづく」

やはり/相変わらず/依然として の類語対比表

彼は…東京に住んでいた止められても…行くつもりだ私は…元気にしている核の脅威は…ある
やはり
相変わらず
依然として

カテゴリ

#事柄・性質#程度

やはり/相変わらず/依然として の類語 - 日本語ワードネット

やはり の類語

考慮される何かを強調する の意

予想にもかかわらず の意

相変わらず の類語

常法で、通常の方法で の意

依然として の類語

行動または状態に関して; 変化、中断または停止なしで の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi