• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

転倒(てんとう)/転覆(てんぷく)/横転(おうてん)/横倒し(よこだおし)

関連語
反転(はんてん)
将棋倒し(しょうぎだおし)
  1. [共通する意味]
      ★歩いたり動いたりしていたものが、何かの理由でひっくり返ってしまうこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔転倒〕スル
      ▽つまずいて転倒する
    • 〔転覆〕スル
      ▽列車が転覆する
      ▽船が転覆する
    • 〔横転〕スル
      ▽カーブで自動車が横転する
    • 〔横倒し〕
      ▽自転車が横倒しになる
      ▽大風で木が横倒しになる
  1. [使い分け]
    • 【1】「転倒」は、人間や動物が動いているときに、立っている姿勢を保てずに地面などに倒れること。
    • 【2】「転覆」は、主に列車や船舶がひっくり返る場合に使う。また、「政権の転覆を図る」のように、組織や体制を倒す意にもいう。
    • 【3】「横転」は、横向きに倒れること。人間についても乗り物についてもいう。「横倒しになる」も同様だが、「横転」の方が動作性が強く、「横倒し」の方が状態性が強い。
    • 【4】「転倒」は、「主客転倒」のように、関係が逆になってしまうことや、「気が転倒する」のように、慣用的に使う場合もある。
  1. [関連語]
    • (反転)スル ひっくり返ること。「転倒」などとは違い、ちゃんと動いていたものが何かの理由でひっくり返るといった含みはない。「マットの上で反転する」
    • (将棋倒し) 元来、将棋の駒(こま)を一定の間隔で一列に立てて並べ、その列の先端の駒を倒すと順々にすべての駒が倒れる遊びの意。そこから、一つのものが倒れたのが原因で、その近くにあったものが次々に倒れることをいう。「観客が入り口に殺到して将棋倒しになった」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

転倒の類語

  • 立っている姿勢からの突然倒れること の意

転覆の類語

  • (特に力によって)支配者や機関を終わらせること の意
  • 何かをひっくり返す行為 の意
  • 偶然ひっくり返る の意
  • 直立したか通常の位置からひっくり返えさせる の意
  • 急激な転落を引き起こす; 統治者の の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi