退く/退く/去る/下がる の解説 - 小学館 類語例解辞典

退く/退く/去る/下がる の共通する意味

それまでいた場所から離れる。

英語表現 to leave to retire (from)

国語辞書で調べる 退く 退く 去る 下がる

退く/退く/去る/下がる の使い方

退く(しりぞく) 【カ五】
▽相手に気圧(けお)されて二、三歩退いた ▽第一線から退く
退く(のく) 【カ五】
▽映画館がのいたあとに、パチンコ店が建った
去る 【ラ五】
▽彼は何もいわずにその場を去った ▽両親のもとを去ってから十数年
下がる 【ラ五】
▽白線の内側に下がってください ▽宮中から下がる

退く/退く/去る/下がる の使い分け

「退(しりぞ)く」「下がる」は、後ろの方に移動する意、「退(の)く」は、いた場所をあけて、他に移る意、「去る」は、どこかへ行ってしまってその場所にいなくなる意である。
「退(しりぞ)く」「下がる」には、貴人の前から帰り去るという意もあるが、現代語ではほとんど使われない。
「去る」は、「今を去ること二十年前」「都を去ること十数里」のように、時間や距離が隔たるという意、「痛みが去る」「悲しみが去る」のように、それまでの状態が消えてなくなるという意、「雑念を去る」「悪友を去る」のように、いやなものを取り除くという意でも使われる。
「去る」は、動詞の連用形につけて、「捨て去る」「消し去る」のように、すっかり…する、…してしまう、という意でも使われる。
「下がる」は、「挙げた手の位置がだんだん下がってきた」のように、高い所から低い所へ位置が移るという意、「幕が下がる」のように、上部で支えてある物が上の方から下の方へ垂れるという意、「値段が下がる」「気温が下がる」「成績が下がった」のように、物事の程度がそれまでより低くなるという意でも使われる。

退く/退く/去る/下がる の関連語

退く
(どく) (カ五)体を動かしてその場所をあける。「邪魔だから、ちょっとどいてちょうだい」
立ち去る 【ラ五】
その場からよそへ行っていなくなる。「名も告げずいつの間にか立ち去った」
立ち退く
(たちのく) (カ五)住んでいる所から他の場所へ移る。「道路ができるため立ちのかねばならなくなった」
引き下がる 【ラ五】
それまでいた場所を離れ去る。それまでの主張をやめてしまう意もある。「客間から引き下がる」「今日はこれ以上いうのはやめて、おとなしく引き下がっておこう」
引き上げる 【ガ下一】
出かけて行った先から元の所へもどる。「引き揚げる」とも書く。「会場から全員引き上げた」「戦後外地から引き揚げてきた」
引き取る 【ラ五】
何もしないでそのまま、その場から去る。「何も話すことはありません。どうぞ、お引き取りください」
引き払う 【ワ五】
自分の持ち物をすべて始末して、よそへ移る。「店を引き払って故郷へ帰る」
引っ込む 【マ五】
退いて目立たない所へ行く。「現役を退いて、田舎へ引っ込む」「用のない者は引っ込んでろ」
辞去する
別れを告げて立ち去ること。「先生のお宅を辞去した」

退く/退く/去る/下がる の類語対比表

後ろへ…一歩…故郷を…職を…
しりぞく
のく
去る
下がる

カテゴリ

#人間の動作#往来

退く/退く/去る/下がる の類語 - 日本語ワードネット

退く の類語

フィールディングプレーにおいてアウトになるようにする の意

関心がなくなる の意

後ろに進む の意

ある位置から後方に動く の意

引っ越す、または立ち去る の意

出て行く、または立ち去る の意

自発的に(仕事、役職、位置)を去る の意

隠居する、退職する; その人の仕事を実行するのを止めるあるいは、その人の職務から撤退する の意

身分を放棄するか、または引退する の意

会合または集会の解散 の意

去る の類語

ある場所から離れて他の方向へ向かう の意

去るか、去りゆく の意

出て行く、または立ち去る の意

過ぎ去る の意

目に見えないか人目を引かなくなる の意

協会から立ち退く、参加を撤退する の意

反対している原因、国、または軍隊に加わるためにしばしば見捨てます(原因、国または軍隊) の意

下がる の類語

サイズ、または範囲を縮小する の意

悪化する の意

価値の下落 の意

物または人から離れる の意

フィールディングプレーにおいてアウトになるようにする の意

関心がなくなる の意

下と低い方へ向かうが、必ずしもずっと行かない の意

後ろに進む の意

ある位置から後方に動く の意

自由に吊るす の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi