• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

被る(こうむる)/浴びる(あびる)

関連語
掛かる(かかる)
  1. [共通する意味]
      ★動作、動的事柄を身に受ける。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔被る〕(ラ五)
      ▽叱責(しっせき)被る
      ▽ご愛顧を被り五周年を迎えた
      ▽相手方が倒産すれば当社が損害を被る
      ▽ご免被る(=許してもらう、断る)
    • 〔浴びる〕(バ上一)
      ▽万雷の拍手を浴び
      ▽周囲から非難を浴びる
      ▽罵声(ばせい)浴びてもひるまなかった
  1. [使い分け]
    • 【1】「被る」は、「叱責」「愛顧」「恩恵」など、総括的内容の語について用いる。「叱責の言葉」「拍手」のような具体性のある語には用いず、それらの場合は「浴びる」を用いる。「被る」は、「迷惑を被る」「損害を被る」など、動作などを直接的に受ける場合だけでなく、何かの行動などによって自分が結果的にそうなる場合にも用いられる。「蒙る」とも書く。
    • 【2】「浴びる」は、元来「湯を浴びる」「日光を浴びる」のように、体の多くの部分にそれを受ける意。なお「返り血を浴びる」などは、受けるのが体の小部分であってもいうことができる。比喩(ひゆ)的用法として「砲火を浴びる」などがある。
  1. [関連語]
    • (掛かる) (ラ五)他からの動作がかぶさるように及ぶ。他の行動によって不都合がかぶさった状態になる。また、小重量の物が乗ったり付いたりする。「嫌疑がかかる」「そんなことをすると先生に迷惑がかかる」「親に苦労がかかった」「時間と金がかかる仕事」「ズボンに泥水がかかる」「ほこりがかかる」「髪が肩にかかっている」「霧がかかる」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

被るの類語

  • 誰かの体に服を着せる の意
  • (けがや病気などを)経験する の意
  • 存在するものに追加する の意
  • 走行距離計に加える の意
  • 不利益な状態におかれる の意
  • (精神的、身体的な状態、あるいは、経験を)体験する の意
  • 耐える、またはさらされる の意
  • 受ける、または被る の意
  • 部分的または完全に一致してする の意

浴びるの類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi