• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

及び(および)/並びに(ならびに)

  1. [共通する意味]
      ★対等の関係にある事柄を列挙する場合に用いる語。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
      and
  1. [使い方]
    • 〔及び〕(接続)
      ▽高校生および中学生は立ち入りを禁じる
    • 〔並びに〕(接続)
      ▽賞状ならびに金一封を授与する
      ▽会長ならびに社長の挨拶(あいさつ)
  1. [使い分け]
    • 【1】法令では、「A及びB、並びにC及びD」「A及びB並びにC」のように、小さな段階の連結に「及び」を、大きな段階の連結に「並びに」を用いる。
    • 【2】「A及びB」「A並びにB」をくらべると、「及び」では、AとBに優先順位はないが、「並びに」は、Aが優先でBが後から加わったものであるので、「B並びにA」と取り換えられないことが多い。
    • 【3】いずれの語も、文章語的あるいは改まった感じの語である。話し言葉では、接続助詞「と」を用いることが多い。
  1. [分類コード]