• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

減退(げんたい)/後退(こうたい)/下り坂(くだりざか)/下火(したび)

関連語
退潮(たいちょう)
尻すぼまり(しりすぼまり)
廃頽(はいたい)
落ち目(おちめ)
左前(ひだりまえ)
不振(ふしん)
  1. [共通する意味]
      ★力や勢いがおとろえること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔減退〕スル
      ▽精力の減退をきたす
      ▽記憶力が減退する
    • 〔後退〕スル
      ▽視力が後退する
      後退した考え方の持ち主
      ▽景気が後退する
    • 〔下り坂〕
      ▽人気が下り坂になる
      下り坂の天気
    • 〔下火〕
      ▽インフルエンザの流行が下火になった
      ▽ギャンブルブームも下火
  1. [使い分け]
    • 【1】「減退」は、体力や意欲などについていう。
    • 【2】「後退」は、後方へ下がることから、「下り坂」は、下りの坂道を進むことから、「下火」は、火勢が衰えることから意味の転じたもの。
  1. [反対語]
      ▼減退⇔増進 下り坂⇔上り坂
  1. [関連語]
    • (退潮)スル 潮がひくことから転じて、勢いが衰えることをいう。「与党は退潮傾向にある」
    • (尻すぼまり) (名・形動)最初の勢いが次第に弱くなり衰えること。「しりすぼみ」ともいう。「最初の勢いはどこへやら、結局しりすぼまりに終わった」
    • (廃頽)スル 道徳などが崩れ衰えること。「道義が廃頽する」
    • (落ち目) 境遇、地位、勢力などが衰えてきていること。「かつての大スターも今や落ち目だ」
    • (左前) 商売、金回りなどがうまく行かなくなること。「あの会社はもう左前だ」
    • (不振) (名・形動)成績、業績、活動などがふるわないこと。「今年は投手陣が不振だ」「経営不振」「食欲不振」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

減退の類語

  • サイズまたは強度を減少する の意
  • サイズ、または範囲を縮小する の意
  • 小さくなる の意
  • 死の婉曲表現 の意
  • 下向きの変化 の意
  • 徐々に劣っていく過程 の意
  • 漸次的下降(大きさや強さ、力、数において) の意
  • 量または活動の段階的な低下 の意
  • 初期の条件より劣った条件; 先立つ状態よりも劣っていること の意

後退の類語

  • 引っ込む、引き下がるまたは後退する の意
  • 後ろに進む の意
  • ある位置から後方に動く の意
  • 秘密の場所; 静かで平穏な場所 の意
  • 初期の条件より劣った条件; 先立つ状態よりも劣っていること の意

下り坂の類語

  • 何かがより小さく、低くなっていく変化 の意
  • 初期の条件より劣った条件; 先立つ状態よりも劣っていること の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi