混線/混信 の解説 - 小学館 類語例解辞典

混線/混信 の共通する意味

電話、放送などで、他の通話、放送などが混じること。

英語表現 cross

国語辞書で調べる 混線 混信

混線/混信 の使い方

混線する
▽電話が混線している
混信する
▽無線の混信に悩まされる

混線/混信 の使い分け

「混線」は、電信、電話などで、相手以外の信号や通話が、通信、通話中に入り込んでくること。比喩(ひゆ)的に、「話が混線する」のように、いくつもの話が入りまじってわからなくなることにもいう。
「混信」は、電信、放送などで、他の発信局の送信も受信されることで、電線を用いていない場合に用いられることが多い。

カテゴリ

#物の動き#混乱

混線/混信 の類語 - 日本語ワードネット

混信 の類語

伝達を妨げる電気や音波の活動 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi