• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

から/を

関連語
より
  1. [共通する意味]
      ★移動の起点・経由点を表わす。
  1. [使い方]
    • 〔から〕
      ▽(1)大阪から新幹線で東京に来た
      ▽(2)泥棒が窓から侵入した
      ▽(3)娘が幼稚園から小学校に上がった
    • 〔を〕
      ▽(1)明日の便で成田(た)
      ▽(2)正門入って右手が講堂です
      ▽(3)彼は今年、大学出た
  1. [使い分け]
    • 【1】「から」と「を」には、移動の起点(「から」「を」の例文(1))と、移動の経由点(「から」「を」の例文(2))を表わす用法がある。
    • 【2】「から」は、移動の到着点が想定されている場合に用いられる。したがって、移動の到着点を表わす「に」とともに用いられることが多い(「から」の例文(1))。
    • 【3】「を」は、ある領域を起点とする離脱だけが問題にされ、到着点を特に想定していない場合に用いられる。したがって、「彼は成田アメリカに発った」とは言いにくい。
    • 【4】乗り物(バス、自動車、電車、船、馬など)からの離脱に関しては、たとえば「船から降りる」「船降りる」のように、「から」と「を」のいずれも用いられる。ただし、自分の意志による動作でない場合には「船落ちる」ではなく、「船から落ちる」を用いる。
    • 【5】「から」と「を」には、抽象的な移動の起点を表わす用法もある(「から」「を」の例文(3))。抽象的な移動でも、到着点が想定される場合には「から」が用いられる。また、「大学出る」に対して「大学から出る」という言い方もあるが、前者は卒業するの意であり、後者は構内から外に出るの意である。
  1. [関連語]
    • (より) 「より」にも起点を表わす用法があるが、現在では主に文章語として用いられる。用法は「から」とほぼ重なる。「個展は明日より開催されます」「この文章は前掲書より引用した」「娘へ。父より
  1. [参照]
  1. [対比表]
    部屋…出る横浜…来た二階…落ちる危機…脱する
    から
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

からの類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi