ほど/くらい/ばかり の解説 - 小学館 類語例解辞典

ほど/くらい/ばかり の共通する意味

おおよその数量・程度を表わす。

ほど/くらい/ばかり の使い方

ほど
▽(1)三時間ほど待った ▽(2)雀(すずめ)の涙ほどのお礼 ▽(3)彼女ほどの美人はいない ▽(4)読めば読むほど面白い ▽(5)心配するほどの怪我(けが)ではない ▽(6)死ぬほど働いた
くらい
▽(1)三時間くらい待った ▽(2)猫くらいの大きさのネズミ ▽(3)彼女くらい親切な人はいない ▽(4)それくらい分かるさ ▽(5)掃除くらい自分でしなさい
ばかり
▽(1)三時間ばかり待った ▽(2)跳びあがらんばかりに驚いた

ほど/くらい/ばかり の使い分け

おおよその数量・程度を表わす場合には、副助詞「ほど」「くらい」「ばかり」のいずれかを用いる。数量を表わす用法(各語の例文(1))では、各語に意味の差はほとんどみられないが、他の用法の広がりでは、各語に違いがみられる。
「ほど」は、時間的・空間的にある幅を持った範囲を示す名詞である「程」(「を守る」)が助詞となったもので、範囲から基準を表わすようになった。「ほど」の例文(2)は、比較の基準を示すことによって、おおよその程度を表わす。その他の用法として、「~ば…ほど」の形で程度の高まりを表わす場合(例文(4))、「~ほどの…ではない」の形でそこまで程度が激しくないことを表わす場合(例文(5))、極端な程度を比喩(ひゆ)的に表わす場合(例文(6))などがある。
「くらい」は、名詞「位」が助詞となったもの。基準を示すという意識がある。そこから、比較の基準を示すことによって、おおよその程度を示す(「くらい」の例文(2))用法が生じる。同じ基準でも、例文(4)のように程度の低い基準を示す場合がある。これは、「ほど」にはない用法である。
「ばかり」は、動詞「はかる」の名詞形「はかり」から転じたものである。そこから、おおよその数量を推し量る意味が生じた。また、「ばかり」の例文(2)のように、「…ばかりに」や「…ばかりの」の形でおおよそそのような程度・状態であることを表わす用法もある。

ほど/くらい/ばかり の類語対比表

十人…来た猫の額…の土地泣く…の事ではない名前…書ける
ほど
くらい
ばかり

参照

ばかり⇒だけ/ばかり/しか

カテゴリ

#助詞・助動詞#