• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

れる(られる)/エる/できる

関連語
うる
える
ことができる
  1. [共通する意味]
      ★可能を表わす。
  1. [使い方]
    • 〔れる(られる)〕
      ▽朝早く起きられる
      ▽明朝六時に来られますか
    • 〔エる〕
      ▽難しい本も読める
      ▽彼は英語が話せる
    • 〔できる〕
      ▽図書館は静かなので勉強できる
      ▽予想できない事態
  1. [使い分け]
    • 【1】ある動作を行うことが可能であることを表わす形式には、「れる(られる)」「エる」「できる」がある。
    • 【2】可能を表わす「れる(られる)」は本来、「れる(-areru)」が五段動詞の語幹に、「られる(-rareru)」がそれ以外の動詞の語幹に接続するものであった。 五 段:「読む」yom-areru 上一段:「見る」mi-rareru 下一段:「出る」de-rareru カ 変:「来る」ko-rareruしかし、現代語では「れる」はその地位を「エる」に譲っており「読まれる」などは、受身また尊敬と解される。
    • 【3】五段動詞の可能表現は、語尾の-uが-eru(ここでは「エる」と表記)に規則的に交替してできる、いわゆる「可能動詞」を用いる。 「読む」yom-u 「読める」yom-eru 「書く」kak-u 「書ける」kak-eru一段動詞の中にも、これに類する形式がみられる。本来誤用であるが、かなり広まったものとなっている。「見る」mi-r・u 「見れる」mi-r・eru 「出る」de-r・u 「出れる」de-r・eru
    • 【4】可能表現の文型は、動作の主体を「に」で、動作の対象を「が」で表わすことがある(「彼には数学が教えられる」)。
    • 【5】サ変動詞の可能表現は、「られる」を用いて「せられる」とする形式もあるが、現在では文章語として用いられる程度である。その縮まった形とされる「される」も、「真実と判断される」のように用いることもあるが、あまり多くはない。話し言葉はもちろん、文章語においても「できる」を用いるのが普通である。
  1. [関連語]
    • (うる・える) 文章語。「与党に対抗しうる勢力」「そういうこともありえる
    • (ことができる) 活用の種類に関わりなく用いられる。改まった表現。「難しい本も読むことができる
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

できるの類語

  • 力量か能力を持つさま の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi