• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

守る(まもる)/かばう

  1. [共通する意味]
      ★他から害を受けないようにする。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔守る〕(ラ五)
      ▽自然を守る
      ▽国境を守る警備隊
    • 〔かばう〕(ワ五)
      ▽弱者をかばう
      ▽いためたひざをかばって歩く
      ▽病弱な母をかばう
  1. [使い分け]
    • 【1】「かばう」は、弱い立場にある人や、傷を受けたりした体の弱い部分に他から害が及ばないようにする意で、弱い人や体をいたわるという意味が大きい。これに対し「守る」は、人や体だけでなく、大切にしているものが他からの攻撃などによって侵されないように防ぎ、その安全を保つ意。「かばう」にくらべて使われる範囲が広い。「護る」とも書く。
    • 【2】「守る」は、また、「約束を守る」のように、決められた物事や命令されたことなどに背かないようにする意にも使う。
  1. [反対語]
      ▼守る⇔攻める
  1. [参照]
  1. [対比表]
    子供を…人権を…仲間を…傷口を…
    守る
    かばう
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

守るの類語

  • 正しく、またはきっちりと貼りつく の意
  • 野手として、プレーする の意
  • 守備
  • 野手をつとめる
  • 守勢に立っている; 攻撃に対する行為 の意
  • 危険、けが、破壊または損害からの防御 の意
  • 危険または危害を見張るか、保護する; 保護する の意
  • 国内産業に有利な計らいをするために関税を使用する の意
  • 挑戦または攻撃から保護する の意
  • 世話をする; 管理者である; 管理する の意
  • を見張る の意
  • 行動または習慣を従わせる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi