• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

看護(かんご)/介添え(かいぞえ)/介抱(かいほう)/養護(ようご)/看病(かんびょう)

  1. [共通する意味]
      ★手助けの必要な人の世話をすること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔看護〕スル
      ▽病床の祖父を看護する
      ▽完全看護の病院
      看護
    • 〔介添え〕
      ▽車椅子(くるまいす)介添えをする
      介添え
    • 〔介抱〕スル
      ▽酔っ払いの介抱は疲れる
      ▽病人を介抱する
    • 〔養護〕スル
      養護学級
      養護施設
    • 〔看病〕スル
      ▽病人の看病をする
      看病疲れ
  1. [使い分け]
    • 【1】「看護」「介抱」「看病」は、病人やけが人などの世話をすること。
    • 【2】「介添え」は、付き添って世話をすること。
    • 【3】「養護」は、保護が必要な児童、生徒を保護し教育すること。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

看護の類語

介添えの類語

  • 一緒に行く、または動く の意
  • 助けたり援助する; 役立つ の意
  • 人や目標、または利益に対して、無形の支援を提供するもの の意

介抱の類語

  • 管理するまたは運営する の意

養護の類語

  • 暴力で脅かされてギャングにゆすり取られる金 の意
  • 国内産業に有利な計らいをするために関税を使用する の意

看病の類語

  • 管理するまたは運営する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi