帳消し/棒引き/相殺 の解説 - 小学館 類語例解辞典

帳消し/棒引き/相殺 の共通する意味

金銭の貸借関係が消滅すること。

英語表現 cancellation

国語辞書で調べる 帳消し 棒引き 相殺

帳消し/棒引き/相殺 の使い方

帳消し
▽一杯おごらせて借金を帳消しにしてやる
棒引き
▽この仕事をやってくれたら、貸した金を棒引きにしよう
相殺する
▽貸し借りを相殺する

帳消し/棒引き/相殺 の使い分け

「帳消し」「棒引き」は、元来、帳面に記された事項が棒線を引かれて消されること。
「帳消し」は、「せっかくのホームランもエラーで帳消しになった」のように、その行いによって以前の価値が消えてなくなることの意でも使われる。
「相殺」は、差し引きの結果、差がゼロになること。金銭の貸借関係以外にも用いられる。

帳消し/棒引き/相殺 の関連語

御破算
今までのことをすっかりやめて白紙の状態に戻すこと。「この話は御破算にしよう」

カテゴリ

#人間の動作#対処・処理

帳消し/棒引き/相殺 の類語 - 日本語ワードネット

相殺 の類語

損失や傷害を補償する行為 の意

反対作用により、の影響に反対するあるいは軽減する の意

埋め合わせる の意

相殺するか、釣り合いを取る の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi