気性/気質/性 の解説 - 小学館 類語例解辞典

気性/気質/性 の共通する意味

人の心の働きや動き、心の持ち方からみた生まれつきの性質。

英語表現 disposition temperament

国語辞書で調べる 気性 気質

気性/気質/性 の使い方

気性
▽母は気性の勝った人だ ▽強い気性だからここまでやってこられた ▽気性の荒い男
気質
▽気質は祖父に似た ▽やさしい気質の持ち主
▽愚かなるわが性を悔やむ ▽人の性とあきらめる

気性/気質/性 の使い分け

「気性」は、多く、はげしい、強い心の動きを持つ性質に関して使う。
「気質」は、持って生まれた心のやさしさ、きびしさなどの性質。
「性」は、生まれつきその人が持っている、どうにも逃れることのできない性質。具体的な個人だけでなく、男性、女性、人間それぞれの全体についても用いる。詩の言葉などに用いる。

気性/気質/性 の関連語

性向
性質のあり方、傾向。「青年に特有な性向を探る」
性情
性質と心情。気だて。「やさしい性情の子供」

気性/気質/性 の類語対比表

はげしい…おだやかな…かなしい…
気性
気質
さが

カテゴリ

#人間の性質#性格

気性/気質/性 の類語 - 日本語ワードネット

気質 の類語

人々の教訓と倫理行動と反応を決定する先天的な固定概念 の意

その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意

気質、性質 の意

際立った特徴 の意

特にある選択肢を他の選択肢より好むという精神的な意向 の意

の類語

人々の教訓と倫理行動と反応を決定する先天的な固定概念 の意

その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意

生殖の役割に基づいて生物を区別する特性 の意

長年の特定の習慣 の意

屈折言語の文法範疇で、名詞、代名詞、形容詞の間の一致を要求するもの; ある種の言語ではそれはとても不確定であるが、インド―ヨーロッパ言語では通常、それは性または有生にもとづく の意

  • 文法的性

対数の表現の(正または負の)整数部分; log 643 = 2.808という式で指標は2である の意

性的な衝動を満足させたい衝動からくるすべての感情 の意

ほとんどの有機体が分けられる2つのカテゴリーのどちらか(男性か女性) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi