• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ナイーブ/純真(じゅんしん)/純情(じゅんじょう)

  1. [共通する意味]
      ★世間ずれしておらず、素直で汚(けが)れのないさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔ナイーブ〕(形動)
      ▽彼女の考え方は実にナイーブ
      ナイーブな青年
    • 〔純真〕(名・形動)
      純真な子供
      純真無垢(むく)
    • 〔純情〕(名・形動)
      純情な男
      純情を失わない
      純情可憐(かれん)
  1. [使い分け]
    • 【1】「ナイーブ」は、考え方や感じ方が素直で、純粋さや感受性に富んでいるさまを表わし、また、もろさ、こわれやすさなどを含む。
    • 【2】「純真」は、邪念や邪心、汚れなどが一切なく、心が素直で清らかなさま。[英]pure
    • 【3】「純情」は、素直でまじりけのない心。また、そのような心でいるさま。
  1. [対比表]
    …な乙女…な心…な感覚…な思い
    ナイーブ
    純真
    純情
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

ナイーブの類語

  • 無影響の単純さ、狡猾さや世間の経験のない特徴を見せるまたはそのように特徴的な の意
  • 世慣れしていない、または世俗的ではない の意

純真の類語

  • (人や振舞いについて使用され)欠点がないさま; 罪のない の意
  • 世慣れしていない、または世俗的ではない の意
  • 自然で飾り気のない性質 の意

純情の類語

  • (人や振舞いについて使用され)欠点がないさま; 罪のない の意
  • 世慣れしていない、または世俗的ではない の意
  • 洗練さの欠如、俗っぽさ の意
  • 無邪気で純真な性質 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi