• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

外見(がいけん)/見かけ(みかけ)/見た目(みため)

関連語
外観(がいかん)
外面(がいめん)
見場(みば)
見栄え(みばえ)
(かん)
見てくれ(みてくれ)
なりふり
  1. [共通する意味]
      ★外から見たときの人、物の様子。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔外見〕
      外見を飾る
      外見をよく見せる
      ▽人を外見で判断してはいけない
    • 〔見かけ〕
      ▽人を見かけで判断してはいけない
      見かけは悪いが味はいい
      見かけだおし
    • 〔見た目〕
      見た目が悪い
      見た目を気にする
  1. [使い分け]
    • 【1】「外見」は、外から見たときの人や物の様子の意味で、一般的に用いられる。ただ、山や川など非常に大きな物の様子を表わすことは、あまりない。
    • 【2】「見た目」「見かけ」は、ほぼ同じ意味で使われる。また、「見た目に…」という形で、「外から見ると」の意味で副詞的に用いられることも多い。「見た目に美しい花」
  1. [関連語]
    • (外観) 外から見た様子の意味だが、「外見」にくらべると全体的な印象という意味合いが強い。「城の外観」
    • (外面) 物の外側の面の意から転じて、外から見える様子をいう。「外面は平静を装う」
    • (見場) 物に対して用いることが多い。「見場が悪い」「見場をよくする」
    • (見栄え) 物に対して用いることが多い。「見栄えのする車」
    • (観) 「…の観がある」の形で用いる。「別人の観がある(=別人のように見える)」
    • (見てくれ) 物の外側から受ける印象。「見てくれが悪い」「見てくれをつくろう」
    • (なりふり) 「なりふり構わず…(する)」の形で用いることが多い。「形振り」とも書く。「なりふり構わず働く」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi