大袈裟/オーバー/大層/事事しい/誇大 の解説 - 小学館 類語例解辞典

大袈裟/オーバー/大層/事事しい/誇大 の共通する意味

実際よりも程度を甚だしく表現するさま。

英語表現 exaggeration

国語辞書で調べる 大袈裟 オーバー 大層 事事しい 誇大

大袈裟/オーバー/大層/事事しい/誇大 の使い方

大袈裟 【名・形動】
▽かすり傷で死にそうな声を出すとは、大げさだ ▽大げさなリアクションをする
オーバー 【名・形動】
▽彼は表現がオーバーだ
大層 【形動】
▽君も大層なことをいうね
事事しい 【形】
▽名前ばかり事々しいが、内容は大したことはない
誇大 【名・形動】
▽誇大な宣伝は禁じられている ▽誇大に言いふらす

大袈裟/オーバー/大層/事事しい/誇大 の使い分け

いずれも、わざと実際よりも誇張して表現することで、好ましくないとされることが多い。
「大袈裟」「オーバー」は、一般的に広く用いられるが、やや話し言葉的である。
「大層」は、「御大層なことをおっしゃる」のように、「御大層」の形で皮肉な言い方となる。
「事事しい」は、話し言葉ではあまり用いられない。

カテゴリ

#人間の性質#態度

大袈裟/オーバー/大層/事事しい/誇大 の類語 - 日本語ワードネット

オーバー の類語

真実であるか合理的であるより大きなものとして見受けられる の意

接触せずに、そば、上、または下を通り過ぎる の意

袖を持ち肩から下に向けて体を覆う外側の衣服; 屋外で着られる の意

冬に服の上に着られる重いコート の意

大層 の類語

強意語として使われる の意

極端に の意

強意語として使われる の意

並外れた範囲、または程度 の意

非常に大きい程度や範囲まで の意

高度または広範囲に; 好意的な、または非常に敬意を持って の意

真実であるか合理的であるより大きなものとして見受けられる の意

特に感情に関して抑圧されていない の意

誇大 の類語

真実または合理性を越えて拡大された の意

真実であるか合理的であるより大きなものとして見受けられる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi