胴/胴体 の解説 - 小学館 類語例解辞典

胴/胴体 の共通する意味

頭・首・手足を除いた体の中心部分。

英語表現 the trunk

国語辞書で調べる 胴体

胴/胴体 の使い方

▽胴が短く足の長い人 ▽胴にベルトをしめる
胴体
▽ダックスフントは胴体の長い犬だ ▽攻撃をうけて船の胴体には大きな穴があいた

胴/胴体 の使い分け

「胴」は、「胴にベルトをしめる」のように、特に、胸と腹の間のくびれた部分をいうこともある。
二語とも、生物以外の物の中心となる部分をさすときにも使うが、「胴体」は、特に飛行機、船など体積の大きいものの主体部分に使う。
「胴」は、鎧(よろい)や防具の部分名称でもあり、剣道ではその部分に打ち込む技の意味にもなる。

カテゴリ

#人間の体#胴体

胴/胴体 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

頭、首、四肢を除いた身体 の意

肋骨とお尻の間の体のくびれ の意

胸部と骨盤の間の脊椎動物の身体の部分 の意

胴体 の類語

頭、首、四肢を除いた身体 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi