• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いじける/ひねくれる/すねる/ひがむ

関連語
ねじける
ねじくれる
  1. [共通する意味]
      ★素直な気持ちや態度になれなかったり、相手に対して反抗的な気持ちや態度を取ったりする。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔いじける〕(カ下一)
      ▽叱(しか)られてすっかりいじける
      ▽性格のいじけた人
    • 〔ひねくれる〕(ラ下一)
      ▽思い通りにならずひねくれる
      ▽白を黒というようなひねくれた奴(やつ)
    • 〔すねる〕(ナ下一)
      ▽叱るとすぐすねる
      すねないで人の話を聞きなさい
    • 〔ひがむ〕(マ五)
      ▽弟は自分ばかり叱られるとひがんでいる
  1. [使い分け]
    • 【1】「いじける」は、もと寒さや恐れなどのために、ちぢこまって元気がなくなる意。転じて、自信をなくして動作や態度などが消極的になる意。
    • 【2】「ひねくれる」は、性質や考え方がゆがんで素直でなくなる意。
    • 【3】「すねる」は、不平や不満を素直に表明しないで、わざと逆らった態度をとる意。甘える気持ちが含まれる場合もある。「拗ねる」とも書く。
    • 【4】「ひがむ」は、自分が不利な立場に立たされていると誤解して思いこむ意。
  1. [関連語]
    • (ねじける) (カ下一)心が素直でなくなる。「ねじけた根性をなおしてやる」
    • (ねじくれる) (ラ下一)「ねじける」を強調した語。「性格がねじくれた子ども」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi