十八番/おはこ/売り物/お家芸 の解説 - 小学館 類語例解辞典

十八番/おはこ/売り物/お家芸 の共通する意味

得意としている、また、とっておきの事柄や芸。

英語表現 one's best performance

国語辞書で調べる 十八番 おはこ 売り物 お家芸

十八番/おはこ/売り物/お家芸 の使い分け

「十八番」は、江戸歌舞伎(かぶき)の市川家の得意とした「歌舞伎十八番」から出た語。また、「おはこ」は、その台本を箱入りで保存したことからともいい、「十八番」とも書く。
「売り物」は、その人が得意とし看板としている芸。また、他に対して自分の得意なこととしてアピールできる事柄。
「お家芸」は、「歌舞伎十八番は市川家のお家芸だ」のように、その家に古くから伝えられ、得意としている独特の芸の意でも用いられる。

十八番/おはこ/売り物/お家芸 の関連語

お株
その人の得意とすること。「人のお株を奪う」「お株を取られる」
お手の物
手慣れていて、たやすくできること。また、得意のわざ。「コンピュータならお手の物だ」

十八番/おはこ/売り物/お家芸 の類語対比表

あの歌が彼の…だ彼女の…は泣きおとしだ故障しないのが…です日本の…ともいえる柔道
十八番
おはこ
売り物
お家芸

参照

売り物⇒商品/売り物/売品

カテゴリ

#人間の性質#能力

十八番/おはこ/売り物/お家芸 の類語 - 日本語ワードネット

十八番 の類語

おはこ の類語

売り物 の類語

売りに出される商品 の意

大衆に提供される娯楽 の意

お家芸 の類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi