• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

策略(さくりゃく)/計略(けいりゃく)/作戦(さくせん)/謀略(ぼうりゃく)/陰謀(いんぼう)/はかりごと/企み(たくらみ)

関連語
画策(かくさく)
策動(さくどう)
術策(じゅっさく)
権謀(けんぼう)
謀計(ぼうけい)
奸策(かんさく)
詭計(きけい)
深謀(しんぼう)
遠謀(えんぼう)
深慮(しんりょ)
悪だくみ(わるだくみ)
わな
機略(きりゃく)
  1. [共通する意味]
      ★相手を自分の望んでいる方向にもっていったり、事をうまく成し遂げたりするために弄(ろう)する策。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔策略〕
      ▽相手の策略にはまる
      策略を用いる
    • 〔計略〕
      ▽相手方の計略を見破る
      計略が図に当たる
      ▽相手の計略に陥る
    • 〔作戦〕
      作戦が図に当たる
      ▽作戦を練る
      作戦会議
      ▽陽動作戦
    • 〔謀略〕
      ▽敵の謀略に乗せられる
      ▽会社乗っ取りの謀略
      ▽相手の謀略にかかる
    • 〔陰謀〕
      ▽国王暗殺の陰謀を企てる
      陰謀が発覚する
    • 〔はかりごと〕
      ▽ちょっとした油断からはかりごとがもれてしまった
      はかりごとは密なるをよしとする
      ▽敵のはかりごとにひっかかる
    • 〔企み〕
      ▽子供騙(だま)しのたくらみにひっかかる
      ▽相手のたくらみに気づく
  1. [使い分け]
    • 【1】「謀略」「陰謀」は、常に人を陥れ、だます場合に使われるのに対し、「策略」「計略」はそれほどあからさまではない場合にも使うことができる。
    • 【2】「作戦」は、試合や戦争、また種々の競争などについて広く用いられる。
    • 【3】「はかりごと」は、「計略」とほぼ同意。やや古風な言い方。
    • 【4】「企み」は、動詞形「企む」とともに、よくないことを計画する場合に多く用いられる。
  1. [関連語]
    • (画策)スル はかりごとをめぐらすこと。悪い意味に用いることが多い。「会社乗っ取りを画策する」「陰で画策する」
    • (策動)スル ひそかに策をめぐらし行動すること。「彼が陰で策動しているらしい」「策動家」
    • (術策) 人を陥れたり、だましたりするためのはかりごと。「相手の術策にはまる」「術策をめぐらし人を陥れる」
    • (権謀) その場に応じた臨機応変の策略。「権謀術数」の形で使われることが多い。「権謀術数に富む」
    • (謀計) ひそかなはかりごと。「謀計をめぐらす」
    • (奸策) 人を陥れるためだけのずるい策略。「姦策」とも書く。「奸策を弄(ろう)する」
    • (詭計) 人をだまして目的を達するための計画。「詭計を案じる」
    • (深謀) 深く考えて立てた計略。「深謀遠慮(=遠い将来のことまでよく計画し考えること)」
    • (遠謀・深慮) 「遠謀深慮」「深慮遠謀」の形で、先の先まで考慮に入れてよく考えた計略をいう。
    • (悪だくみ) 悪いたくらみ。悪質な計略。「悪だくみに引っかかり家屋敷を手放す」
    • (わな) 鳥や獣をおびきよせてとらえるための仕掛けの意から転じて、人をだまして陥れるための計略。「罠」とも書く。「敵のわなにかかる」
    • (機略) 臨機応変のはかりごと。「機略に富んだ人」「機略縦横の策」
  1. [対比表]
    …が失敗に終わる首相暗殺の…敵陣に対する……を企てる…をめぐらす
    策略
    計略
    作戦
    謀略
    陰謀
    はかりごと
    企み
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

計略の類語

  • 巧妙な策略 の意
  • ずる賢い、または人をだます行動、または計略 の意
  • (特に捕獲を逃れるための)人をだます方策 の意
  • あなたが無意識に捕らえられるような何か(しばしば一見魅力的に見える何か) の意
  • 入念で体系的な行動計画 の意
  • 人を欺いたり、何かを逃れようとする、巧みでずるい策略 の意

作戦の類語

  • 様々な行為を行う多くの人々が関連する、あらかじめ計画された活動 の意
  • チームスポーツでの前もって調整された行動計画 の意
  • 特定の目標に達するためのプラン の意
  • 軍事科学の分野で、戦略により決められた目標物を陥落させる詳細な作戦を扱う の意

謀略の類語

  • 巧妙な策略 の意
  • ずる賢い、または人をだます行動、または計略 の意
  • (特に捕獲を逃れるための)人をだます方策 の意
  • 愚かで軽率なことを人にさせるような試み の意
  • あなたが無意識に捕らえられるような何か(しばしば一見魅力的に見える何か) の意
  • 人を欺いたり、何かを逃れようとする、巧みでずるい策略 の意
  • あなたの目的(通常不吉な)を達成するための狡猾で関連のある策略 の意

陰謀の類語

  • あなたの目的(通常不吉な)を達成するための狡猾で関連のある策略 の意
  • 危険なこと、非合法な行動を実行する計画(特に政治的策略) の意
  • 不当行為を行う2人以上の間の秘密協定 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi