• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

理解(りかい)/分かる(わかる)/知る(しる)

関連語
把握(はあく)
解釈(かいしゃく)
分かり(わかり)
のみ込み(のみこみ)
  1. [共通する意味]
      ★物事の意味、内容、事情などを正しく判断すること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔理解〕スル
      ▽論文が難しくて理解できない
      ▽どういう意図なのか理解に苦しむ
      ▽反対運動に理解を示す
    • 〔分かる〕(ラ五)
      ▽お父さんは話がわかる
      ▽わけがわからない
      ▽しゃれのわかる
    • 〔知る〕(ラ五)
      ▽一を聞いて十を知る
      ▽まだ世の中を知らない
      ▽彼女の本当の気持ちを知りたい
  1. [使い分け]
    • 【1】「理解」「分かる」は、物事の内容を筋道を立てて論理的にのみこむことをいうが、「知る」は、物事の全体を感覚的にとらえる場合に用いることが多い。
    • 【2】「理解」「分かる」は、正しく判断するだけでなく、相手の気持ちなどを察して意に添うようにする場合にも使う。「分かる」の方が口語的。
    • 【3】「知る」は、経験や知識をもっているという意味で使うことが多く、「理解」と同じ意で使う場合は用法が限られている。
  1. [関連語]
    • (把握)スル ある事柄を十分に理解する。「文章の意味を把握する」「実態が把握されていない」
    • (解釈)スル 表現されたものなどの意味をうけとめ、自分の論理で理解すること。「解釈の分かれるところだ」「善意に解釈する」◇意味、内容などをテキストに即して理解することの意もある。「英文解釈」
    • (分かり) 物事を理解すること。「お母さんは分かりが早い」「彼は分かりがいい」
    • (のみ込み) 分かり・のみ込み物事の内容などをその場ですぐ理解すること。「子供のくせにのみ込みが早い」「のみ込みの悪い男」
  1. [対比表]
    もののあわれを(が)…人彼の気持ちを(が)…話せば…恥を(が)…
    理解するを○を○を-
    分かるが○が○が-
    知るを○を○を○
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

理解の類語

  • 本来の姿、あるいは意味を知り、理解する の意
  • 精神的に(考え、または状況を)知覚する の意
  • 言語を理解する の意
  • を理解している の意
  • 知る、気がつく、通常偶然に の意
  • その意味を理解する; 意味を当てる の意
  • 十分に認知しているまたは認識している の意
  • 理解している人の認知状態 の意
  • 何かの意味や重要性を理解する能力(あるいは結果的に取得した知識) の意
  • 意見を支持する、意見に忠実である、または意見に同意する傾向 の意

分かるの類語

  • 意味をとらえる の意
  • 本来の姿、あるいは意味を知り、理解する の意
  • 精神的に(考え、または状況を)知覚する の意
  • 言語を理解する の意
  • を理解している の意
  • ある人や物に馴染み深く、知っている の意
  • 事実または特別の情報を認識するまたは気づく; 知識または情報を持つ の意
  • 何かの真実に気づく; 何かに対する信念または信頼をもつ; 何の疑いもなく本当であると考える の意
  • 状態、状況、感情または感覚についての直接の知識がある の意
  • 知る、気がつく、通常偶然に の意
  • 同じであると認める の意
  • 十分に認知しているまたは認識している の意

知るの類語

  • ある人や物に馴染み深く、知っている の意
  • 事実または特別の情報を認識するまたは気づく; 知識または情報を持つ の意
  • 何かの真実に気づく; 何かに対する信念または信頼をもつ; 何の疑いもなく本当であると考える の意
  • 知る、気がつく、通常偶然に の意
  • 同じであると認める の意
  • 情緒、直観、不確定の根拠を基にして信じるようになる の意
  • 経る、あるいは乗り切る の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi