悟る/わきまえる の解説 - 小学館 類語例解辞典

悟る/わきまえる の共通する意味

物事を明らかに理解し、自分のものにする。

英語表現 to understand

国語辞書で調べる 悟る わきまえる

悟る/わきまえる の使い方

悟る 【ラ五】
わきまえる 【ア下一】

悟る/わきまえる の使い分け

「悟る」は、直観的な働きが強く、隠れているものや見えにくいものを察知し、つかみとる意。仏教では、迷いを去って真理を得る意に用いられる。
「わきまえる」は、物事を弁別するというのが根本の意。二つのことを区別して理解する意味に用いることが多いが、客観的な物事の位相関係を理解する意や、大人として物事に対応し得る判断や認識を持っている意にもいう。「弁える」とも書く。

悟る/わきまえる の関連語

自覚する
自分自身のおかれている状態や、能力、価値などを認識すること。「自分の立場を自覚する」「自覚が足りない」「自覚をもつ」

悟る/わきまえる の類語対比表

正義とは何かを…運命を…是非を…立場を…
悟る
わきまえる

カテゴリ

#人間の性質#思考

悟る/わきまえる の類語 - 日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi