• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

当て推量(あてずいりょう)/当てずっぽう(あてずっぽう)/心当て(こころあて)/憶測(おくそく)

関連語
邪推(じゃすい)
勘ぐる(かんぐる)
  1. [共通する意味]
      ★はっきりした根拠もなく、いい加減に推しはかること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔当て推量〕
      ▽彼はいつも当て推量でものを言う
    • 〔当てずっぽう〕
      当てずっぽうで答えを言ったら、正解だった
    • 〔心当て〕
      ▽本当のことは知らなかったが、心当てに適当に言っておいた
    • 〔憶測〕スル
      憶測でものを言ってはいけない
      憶測にすぎないが、彼女は帰ってこないだろう
  1. [使い分け]
    • 【1】「当てずっぽう」と「当て推量」は、ほぼ同じ意味を表わす。「当てずっぽう」の方が、よりくだけた言い方。
    • 【2】「心当て」は、「心当てにしていたお金が入ってこなかった」のように、心の頼みとするところ、またそういう期待という意味もある。
    • 【3】「憶測」は、「臆測」とも書く。
  1. [関連語]
    • (邪推)スル 相手の言葉や行為をひがんで悪く推しはかること。「僕のことをあまり邪推しないでくれ」「邪推深い人」
    • (勘ぐる) (ラ五)いろいろと気をまわして悪く推測する。「うそをついているのではないかと勘ぐられる」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

当て推量の類語

  • わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意
  • 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意
  • 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意

当てずっぽうの類語

  • わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意
  • 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意

心当ての類語

  • わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意
  • 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意
  • 期待 の意

憶測の類語

  • 特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意
  • 不完全な証拠から推論する の意
  • 不完全な証拠から結論される構造に関する推論 の意
  • わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意
  • 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意
  • 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi