• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

望み(のぞみ)/脈(みゃく)/当て(あて)

ブックマークへ登録
  1. [共通する意味]
      ★将来に対して希望や期待をもった見込み。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「望み」は、本来そうありたい、そうしたいという願望を意味する。転じて、「前途に望みある青年」のように、期待をもてるという見込みもいう。
    • 【2】「脈」は、脈拍のことから転じて、「脈がある」「脈がない」などの形で、前途にまだ期待できる見込みがあることを意味する。
    • 【3】「当て」は、将来に対する目的や見込みのこと。また、「親のお金を当てにする」のように、将来に期待をもってそれを頼りにすることを意味する。表の「まだ□があるのであきらめるな」の場合、「脈」はまだ同じものに対して期待できる余地があることを意味するが、「当て」の場合、他にまだ期待できるものがあるという意味であることが多い。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    まだ…があるのであきらめるなもう会える…がない…が断たれる…が外れる
    望み
    当て
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

望みの類語

  • ものを欲しがる傾向 の意
  • 自分が持っている特別な好み の意
  • 未来に希望を感じる土壌 の意
  • 大事にしている願望 の意
  • 欲求への特定の気持ち の意
  • 長引いている果たされていない願望か必要性 の意
  • 望みをかける特定の場合 の意
  • ある欲望が貫徹する一般的感情 の意
  • 望まれているもの の意

の類語

  • 拘束としての行為である何か の意
  • 毛細血管から心臓へ血液を運ぶ血管 の意
  • 未来に希望を感じる土壌 の意
  • 心臓の1拍ごとの動脈のリズミカルな収縮・膨張 の意
  • 岩の層の間の鉱床 の意
  • 岩石の周囲から分れた一定の境界線内に現れた価値ある鉱石の堆積物 の意
  • 長さの単位 の意
  • 心臓の打つ率; 通常、人の健康の迅速な評価を得るために測定される の意
  • 心拍数

当ての類語

  • 未来に希望を感じる土壌 の意
  • 意図している、または計画した行動を導く、予期された結果 の意
  • 遂行することに自信を持って期待する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。